H23年8月22日~26日(感染症)

平成23年8月22日(月)~8月26日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  418名
1日あたりの延べ欠席者数 84名(前週の1日あたりの延べ欠席者数63名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(154名),咳(29名),体調不良(19名),鼻水(12名),下痢(12名)
 疾病ごと 手足口病(欠席53名 登園114名),とびひ(欠席6名 登園43名),
水痘(48名),風しん(7名)

かぜ症状は昨週並みですが,胃腸炎症状がわずかですが増加しています。
手足口病は減少傾向ですが,依然として患者数は多い状況です。
水痘が依然として流行中です。とびひがわずかながら減少しています。

【症状別の発生状況】
[手足口病]   厨川地域で増加しました。河北・盛南・河南・都南地域で減少しています。
[とびひ]  玉山地域で新たに発生し,河北・河南・都南地域で増加しました。厨川地域で減少しています。
[水痘] 河北地域で新たに発生し,厨川・河南・都南地域で増加しました。
[風しん]  厨川地域で新たに発生しました。
【県の状況(8/15~8/21)】
 手足口病は,定点あたり患者数が7週連続で警報値(5人)を超えました。前週より減少しましたが,依然,県内ほぼ全域で流行が続いています。本疾患はウイルス感染症であり,通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎になることがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 腸管出血性大腸菌感染症は,7例の報告がありました。内訳は大腸菌O157が3例,O26が4例です。合併症として溶血性尿毒症症候群があり,血便出現時は早期入院治療が必要です。予防には,食品の衛生的取扱いとともに,流水と石鹸を用いた手洗いの励行が重要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。
【盛岡医師会(感染症対策委員会)】




H23年8月15~19(感染症)

 平成23年8月15日(月)~8月19日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  315名
1日あたりの延べ欠席者数 63名(前週の1日あたりの延べ欠席者数122名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(112名),咳(33名),体調不良(16名),鼻水(6名)
 疾病ごと 手足口病(欠席69名 登園254名),とびひ(欠席11名 登園19名),
水痘(20名),気管支炎・肺炎(7名)

かぜ症状は昨週並みです。
手足口病は減少傾向ですが,依然として患者数は多い傾向です。
水痘が増加しています。
とびひが依然として流行中です。
【症状別の発生状況】
手足口病      玉山地域で増加しました。厨川・河北・盛南・河南・都南地域で減少していますが,依然として多い傾向です。
とびひ       河南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
河北・都南地域で減少しています。
水痘        厨川・都南地域で増加しました。
気管支炎・肺炎   都南地域で新たに発生し,玉山地域で増加しました。

【県の状況(8/8~8/14)】
 手足口病は,定点あたり患者数が6週連続で警報値(5人)を超えました。全国的には減少傾向に入っていますが,本県では全域で流行が継続しています。本疾患はウイルス感染症であり,通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎になることがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 腸管出血性大腸菌感染症は,20例の報告がありました。本疾患は夏季に発生が多いので,食品の衛生的取扱いによる食中毒の予防とともに,流水と石鹸を用いた手洗いの励行による二次感染の予防が重要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。


H23年8月29日不審者(矢巾町)

日 時:平成23年8月29日(月)午後9時10分ころ
場 所:矢巾町西徳田地内の歩道上
犯人の特徴:身長170~175㎝位、中肉、30歳代、眼鏡無し、白色の軽自動車を使用。
◎被害者が、友人宅から自転車で帰宅途中、犯人が被害者の前に立ちふさがり、白色ガーゼようのもので口を塞いだ。被害者が大声を出したため、犯人は、白色の軽自動車で逃走しました。
※被害に遭わないために帰宅が遅くなったら、閑散とした道や暗い道を一人で歩かず、迎えをお願いしたりタクシーなどを利用しましょう。
それでも不審者などに遭遇したら、大声を出して、近くの家や近くの人に助けを求め、すぐ110番通報しましょう。
皆様におかれましてもご注意ください。
以下ソース
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/__NmM1NWI3YzBmNyZoaWh1Y3VZcg

H23年8月19日不審者(月が丘3)

3件中3件目
発生日時・場所/平成23819() 1510頃 月ヶ丘3 コンビニ付近路上
被害児童生徒/小学校4年生女子児童3
状況/児童2名が帰宅途中,男が携帯電話を開いて裸の女性の画像を見せながら,「この人,知らない?」と聞いてきた。2人は「知りません」と言うと,男は近くに来ていたもう一人の児童の所に行き,また携帯電話の画像を見せ,「この人,知らない?」と聞いてきた。その児童が「わかりません」と言ったら,男は,「そっかあ,知らないのかあ・・・」と言って立ち去った。報告を受けた母親が警察に通報した。
不審者の特徴/男性 50歳くらい 小太り 黒い短髪 黒いメガネ 白いYシャツ 黒ズボン 黒い靴 ピンクの携帯電話
児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)

H23年8月18日不審者(青山4)

3件中2件目
発生日時・場所/平成23818() 1630頃 青山4 県営アパートの自宅
被害児童生徒/学校6年生男子児童1
状況/児童が1人で自宅にいたとき,男が呼び鈴を押し「○○センターの者ですが,お父さんお母さんはいますか?」と言ってきた。児童が無視すると,男は「届け物があるから来て下さい」と言った。男が食い下がるので,児童は,「親がいないので後にして下さい」と言うと,男は「郵便局に先に行っているので,後から来て下さい」と言い,真っ赤な車に乗っていってしまった。児童が自転車で盛岡北郵便局に行ってみると,男が郵便局の入り口で待っていて,「ごめん,間違いでした」と言って郵便局に入っていってしまった。帰宅した母に話し,母親が郵便局に問い合わせたが,「そのようなことは郵便局はしません」と言われたので,母親が警察に通報した。
不審者の特徴/男性 40歳くらい
黒髪(七三分け) 黒いスーツ 白いYシャツ 黒鞄




H23年8月15日不審者(西見前4)

3件中1件目

発生日時・場所/平成23815()1500頃 西見前4 スーパーマーケット付近路上

被害児童生徒/小学校2年生男子児童1名、5年児童1

状況/兄弟2人が帰宅途中、男から「ザリガニをもらってくれ」と声をかけられた。兄弟が「いらない」と何度も断ったら,男は「殺すぞ」と言い,ポケットからナイフの柄のようなものをちらつかせた。兄弟は,怖くなり慌てて「もらいます」と言ってザリガニを受け取った。男は近くにとめてあった車に乗り,離れていった。帰宅後,母親に状況を伝え,母親が警察に通報した。2日後の夕方,兄がパチンコ近くの歩道で同じ男に会い,「君,どこの学校?」と聞かれた。

不審者の特徴/男性 3040歳くらい 色白 茶色のTシャツ 黒色のパンツ男


H23年8月8日から12日(感染症)

平成23年8月8日(月)~8月12日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  611名
1日あたりの延べ欠席者数 122名(前週の1日あたりの延べ欠席者数107名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(208名),咳(26名),体調不良(26名),下痢(11名),発疹(6名)
 疾病ごと 手足口病(欠席162名 登園427名),とびひ(欠席17名 登園41名),
水痘(12名),おたふくかぜ(6名),マイコプラズマ感染症(4名)

かぜ症状,胃腸炎症状は昨週と同じ傾向です。
手足口病が依然として大流行しています。
水痘,おたふくかぜが続いています。
マイコプラズマ感染症がわずかですが発生しています。
【症状別の発生状況】
[手足口病]玉山地域で新たに発生し,厨川・盛南地域で増加しました。河北・河南・都南地域では昨週並みです。
[とびひ]厨川・河北・都南地域で増加しました。玉山地域では減少していますが欠席者が増加傾向です。
[水痘]盛南・都南地域で新たに発生し,厨川地域で昨週並みです。
[おたふくかぜ]都南地域で減少しています。
[マイコプラズマ感染症]都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(8/1~8/7)】
 手足口病は,県内10地区中9地区で定点あたり患者数が警報値(5人)を超えました。まれに髄膜炎を起こすことがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 県内の保育園では大腸菌O26による集団発生があり,園児およびその家族の感染が報告されています。予防には,食品の衛生的な取扱いの徹底ならびに手洗いの励行が重要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年8月13日、17日(不審者)津志田

◎のぞき情報1件目

月日:平成23年8月13日(土)午後11時20分ころ

場所:津志田地内のアパート

犯人の特徴:年齢50歳位の男性
被害状況:家人が室内にいたところ、カーテンの隙間から覗いている犯人を発見し追いかけたが、途中で見失った。

◎のぞき情報2件目

月日:平成23年8月17日(水)午後7時45分

場所:津志田地内のアパート
犯人の特徴:年齢50歳位の男性
被害状況:家人が室内にいたところ、窓から覗かれている気配がして外を確認したところ、犯人が逃走した。

再発防止:センサーライトなどの防犯機器を活用するなど、防犯対策を講じましょう。

以下ソース 
不審者情報↓
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/__NTcwZWIyY2QxMSZoaWh1Y3VZcg

H23年8月5日から14日まで4件(車上狙い)

◎車上狙い情報1件目

日 時:平成23年8月5日(金)

午後6時半頃から翌日の朝にかけて場 所:紫波町内の自宅車庫内

被害状況:自宅車庫内に無施錠で駐車していた車内から、現金在中の財布などが入った手提げ袋が盗まれました。

◎車上狙い情報2件目

日 時:平成23年8月6日(土)午前11時頃から夕方にかけて

場 所:盛岡市三本柳地内の路上

被害状況:仕事中、無施錠で駐車していた車内から、ETCカードなどが盗まれました。

◎車上狙い情報3件目

日 時:平成23年8月12日()午後1時半頃から1時間程の間

場 所:津志田地内のアパート

被害状況:用足しの為、アパートの駐輪場に財布など在中の手提げ袋を、自転車の前かごに入れて約1時間後に戻ってみたら、手提げバッグごと盗まれました。

◎車上狙い情報4件目

日 時:平成23年8月14日()午後3時頃から30分程の間

場 所:津志田地内の書店駐車場内

被害状況:自転車の前かごに財布を置き忘れたことに気付き、約30分後に戻ったところ、現金在中の財布などが盗まれました。

★犯人の特徴は不詳です。

被害防止に自転車から離れるときは、自転車の前かごの中に物品を置かないようにしましょう。

 また、車両を離れるときは、必ず施錠をし、車内に現金や貴重品などを置かないで下さい。


以下ソース 

地域安全情報・お知らせ↓

http://sc.machicomi.jp/shiwa034/__M2FiMWJlZGEwMSZoaWh1Y3VZcg


H23年7月25日から29日(感染症)

平成23年7月25日(月)~7月29日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  588名
1日あたりの延べ欠席者数 118名(前週の1日あたりの延べ欠席者数92名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(167名),咳(23名),体調不良(22名),発疹(9名),下痢(7名)
 疾病ごと 手足口病(欠席234名 登園284名),とびひ(欠席14名 登園54名),
おたふくかぜ(36名),気管支炎・肺炎(6名)
かぜ症状(発熱),発疹が増加しています。
手足口病罹患者が昨週比の2倍となっています。
とびひ,おたふくかぜが依然として増加傾向です。
【症状別の発生状況】
[手足口病] 厨川・河北・盛南・河南・都南地域で増加しました。
[とびひ] 盛南・河南地域で新たに発生し,都南地域で増加しました。玉山・厨川・河北地域で昨週並みです。
[おたふくかぜ] 厨川・都南地域で増加し,玉山地域で減少しています。   
[気管支炎・肺炎] 河北地域で増加しました。

【県の状況(7/18~7/24)】
 手足口病は,前週よりも大幅に増加し,県内の定点あたり患者数は3週連続で警報値(5人)を超えました。全国的にも流行が拡がっており,前週の全国の定点あたり患者数は過去最多となっています。本疾患は幼児を中心に夏季に流行が見られるウイルス性感染症で,通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎を起こすことがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は早期の受診が必要です。
 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は,中部地区で増加し,警報値(6人)を超えました。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR