H23年9月24日(不審者)盛岡駅前通地下道

2件中2件目
発生日時・場所/平成23年9月24日(土)14:30頃 盛岡駅前通
バスロータリー付近の地下道内
被害児童生徒/中学校3年生女子生徒2名
状況/2人がバスロータリー付近の地下道内をあるいていたとき、老婦人から、「昼食を食べたら急にお腹が痛くなった。バスで帰りたいがお金がない。100円か200円貸してもらえないか。」と話しかけられ、お金をせびられた。2人は、「持ち合わせがない。」と言い、その場から立ち去った。翌日、2人が同じ場所を通ったときも、同じ夫人がうろうろしているのを見かけた。その日は接触がなかった。保護者からの報告があり、学校が警察に通報した際、当該夫人については把握済みであり、指導もしているとのことだった。警察からは、困っている人に声をかけられたら、交番を案内してもらえるとよいことをアドバイスされた。
不審者の特徴/女性
70歳くらい 頭にたくさんのリボン

H23年9月19日(不審者)上堂3

2件中1件目
発生日時・場所/平成23年9月19日(月)19:00頃 上堂3
大型店舗付近路上
被害児童生徒/中学校3年生女子生徒1名
状況/下校途中、後ろからつけてきたと思われる男に、背部を一度触られる。振り返ると若い男が笑っていた。生徒は、自宅付近だったので走って逃げた。保護者から報告があり、学校が警察に連絡した。
不審者の特徴/男性
30歳くらい
タンクトップ姿(暗くてよく確認できなかった)


*感染症情報(9/19から9/23)は大きな変化はなく、減少傾向ですので下記の配信済み情報に掲載します。

H23年9月19日から23日(感染症)

平成23年9月19日(月)~9月23日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  337名
1日あたりの延べ欠席者数 112名(祝日の関係上,今週は3日間の平均です。)
(前週の1日あたりの延べ欠席者数80名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(161名),咳(47名),体調不良(26名),発疹(13名),鼻水(6名)
 疾病ごと 手足口病(欠席6名 登園2名),とびひ(欠席6名 登園13名),
マイコプラズマ感染症(7名),水痘(6名),気管支炎・肺炎(6名)

かぜ症状,胃腸炎症状は減少傾向です。
手足口病,とびひおよび水痘は,患者数が減少しています。

【症状別の発生状況】
とびひ         河北地域で増加しました。
手足口病        ほぼ全地域で減少しています。
マイコプラズマ感染症  厨川地域で新たに発生し,河南地域で増加しました。
水痘          都南地域で新たに発生しました。
気管支炎・肺炎     厨川・盛南地域で新たに発生しました。

【県の状況(9/12~9/18)】
 手足口病は,前週より減少しましたが,定点あたり患者数が11週連続で警報値(5人)を超えており,依然,流行は続いています。
 マイコプラズマ肺炎は,県内定点医療機関より23例の報告があり,定点あたり患者数は1.21人でした。5月末から約4ヶ月間にわたり例年より報告数が多い状態で続いています。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H23年9月16日不審者(上堂3丁目)

発生日時・場所/平成23年9月16日(金)19:00頃 上堂3丁目地内ニトリ盛岡店の北方付近
状況/中学3年生の女子生徒が、徒歩で帰宅途中、後方から足音が聞こえてきて、そのまま歩いていたところ、何者かが女子生徒のお尻を1回触ってきた。 女子生徒が振り返ると若い男性が無言で立ってニヤニヤしており、女子生徒は「キャー」と大声を上げて自宅に逃げ帰った。
不審者の特徴/年齢20~30代前半の男、身長不明、痩せ型、上衣は迷彩柄のタンクトップ、下衣は不明 短髪、黒色系のショルダーバックを袈裟懸けに掛けていた。
※ これから、日没時間が早くなりますので、早めに帰宅しましょう。 不安がある場合は親等による迎えも必要と思われます。
*感染症情報については下記の<配信済情報>のサイトにて掲載しました。
*明日の運動会は予定通り行う方向で進めております。予定の変更等のお知らせは、23日当日の午前6時頃に連絡網にて配信いたします

H23年9月12日から16日(感染症)

平成23年9月12日(月)~9月16日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  399名
1日あたりの延べ欠席者数 80名(前週の1日あたりの延べ欠席者数80名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(180名),咳(33名),体調不良(24名),嘔吐(10名),発疹(9名)
 疾病ごと 手足口病(欠席11名 登園23名),とびひ(欠席10名 登園32名),
水痘(14名),ヘルパンギーナ(11名),気管支炎・肺炎(8名)

かぜ症状,胃腸炎症状は昨週並みです。
手足口病は半減していますが,とびひは昨週並みの流行です。
ヘルパンギーナが流行しています。
水痘は減少傾向ですが依然として流行中です。
【症状別の発生状況】
手足口病     河南・都南地域で新たに発生しました。厨川・盛南地域で減少しています。
とびひ      玉山・河南地域で増加しました。河北・都南地域で減少しています。
水痘       河北・河南地域で新たに発生しました。厨川地域で減少しています。
ヘルパンギーナ  河北・都南地域で新たに発生しました。厨川地域で減少しています。
気管支炎・肺炎  都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。

【県の状況(9/5~9/11)】
 手足口病は,定点あたり患者数が10週連続で警報値(5人)を超えました。患者の年齢層は6歳以下が9割以上を占めますが,成人の感染例も報告されており,注意が必要です。本疾患は通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎になることがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 腸管出血性大腸菌感染症は,2例の報告がありました。今年これまでの報告数は115例となっています。本疾患の症状は,下痢,腹痛,吐き気,水様便,血便などがあり,発症が疑われた場合は早期の受診が必要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年9月12日(不審者)月が丘



発生日時・場所/平成23912 ()1930頃 月が丘地内県営アパート付近
被害児童生徒/中学1年生の女子生徒1
状況/中学1年生の女子生徒が、徒歩で県営アパートの自宅に帰宅途中、後方から黒色乗用車が近づき、女子中学生の脇に停車し、運転手の男性が「ちょっと行こうよ」と声をかけてきた。
女子中学生が無視して歩行を続けたところ、その車両は、前方でUターンして女子中学生の脇を通り過ぎた後、さらにUターンして近づいてきたので、女子中学生は走って自宅に戻ったもの。
不審者の特徴/年齢3040歳位の男、身長不明、着衣不明、黒縁メガネ、黒色ハット型帽子、白色マスク着用
※使用車両 

黒色セダン型、岩手ナンバーのみ判明  



皆様におかれましてもご注意ください。




H23年9月8日(不審者)乙部

2件中2件目

発生日時・場所/平成2398()1500頃 乙部13 乙部橋付近路上

被害児童生徒/小学校2年生女子児童1

状況/児童が一人で帰宅途中、クラクションを鳴らして自動車が児童の横に止まった。女が、「○○というが、○○はどこら辺なのかな。」と言ってきた。児童は、怖くなって走って逃げた。警察には通報済みである。

不審者の特徴/女性 年齢不詳 眼鏡 小さな車

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。

不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)

皆様におかれましてもご注意ください。

*感染症情報(9/5から9/5)は大きな変化がありませんので下記の配信済み情報に掲載します。


H23年9月5日(不審者)高松

2件中1件目
発生日時・場所/平成2395()1630頃 高松2点滅交差点付近
被害児童生徒/小学校5年生女子児童1
状況/児童1人で帰宅途中、自転車に乗った男と目が合い、じーっとみられた。男が笑いながら後ろから追いかけて来ようとしたので、児童は怖くなり、走って家に逃げ帰った。児童は、23週間前にも同じ場所で男に出会っており、その時も「大きくなったね。」「お家、遠いんでしょ。」と声を掛けられ、怖くなって逃げていた。学校から警察へ通報済みである。
不審者の特徴/男性 50歳くらい
眼鏡 ショートパンツ 水色の自転車

H23年9月5日~9日(感染症)

平成23年9月5日(月)~9月9日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  400名
1日あたりの延べ欠席者数 80名(前週の1日あたりの延べ欠席者数76名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(187名),体調不良(26名),咳(18名),下痢(8名),発疹(6名)
 疾病ごと 手足口病(欠席36名 登園36名),とびひ(欠席6名 登園21名),
水痘(17名),気管支炎・肺炎(12名),ヘルパンギーナ(3名)

かぜ症状,胃腸炎症状は昨週並みです。
夏かぜ(手足口病,ヘルパンギーナ),とびひが依然として流行中です。
おたふくかぜは減少傾向ですが,水痘が多めに推移しています。

【症状別の発生状況】
手足口病     厨川・河北地域で増加しました。
とびひ      玉山・河南地域で増加しました。河北地域で減少しています。
水痘       都南地域で増加しました。厨川地域で減少しています。
気管支炎・肺炎  玉山地域で新たに発生しました。河北地域で減少しています。
ヘルパンギーナ  厨川地域で減少しています。

【県の状況(8/29~9/4)】
 手足口病は,定点あたり患者数が9週連続で警報値(5人)を超えました。県内10地区中6地区で前週より報告数が増加しており,依然,流行は続いています。本疾患は通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎になることがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 腸管出血性大腸菌感染症は,10例の報告がありました。今年これまでの報告数は113例で,うち9歳以下が60例と多くなっています。重篤な合併症として溶血性尿毒症症候群や脳症があります。予防には,食中毒対策の徹底と手洗いの励行が重要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年8月29日~9月2日(感染症)

平成23年8月29日(月)~9月2日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  379名
1日あたりの延べ欠席者数 76名(前週の1日あたりの延べ欠席者数84名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(172名),体調不良(20名),咳(18名),下痢(11名),嘔吐(9名)
 疾病ごと 手足口病(欠席34名 登園58名),とびひ(欠席5名 登園24名),
水痘(22名),気管支炎・肺炎(10名),溶連菌感染症(9名)

かぜ症状,胃腸炎症状は昨週並みです。
夏かぜ,とびひ,手足口病が依然として流行しています。

【症状別の発生状況】
手足口病     厨川・河北・河南・都南地域で減少していますが,依然として患者数は多い状況です。
とびひ      河北地域で増加しました。
水痘       河南地域で増加しました。厨川・河北・都南地域で減少しています。
気管支炎・肺炎  河南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
溶連菌感染症   玉山・厨川地域で新たに発生しました。

【県の状況(8/22~8/28)】
 手足口病は,定点あたり患者数が8週連続で警報値(5人)を超えました。地区別では,宮古地区が28.67人と多くなっています。本疾患は通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎になることがあるため,頭痛,嘔吐を併発した場合は,早期の受診が必要です。
 ヘルパンギーナは,県央地区で警報値(6人)を超えました。
 腸管出血性大腸菌感染症は,16例の報告がありました。今年これまでの報告数は,例年同時期より多くなっています。合併症として溶血性尿毒症症候群があり,血便出現時は早期入院治療が必要です。予防には,食品の衛生的取扱いとともに,流水と石鹸を用いた手洗いの励行が重要です。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR