H23年10月27日(不審者)前九年

※いつ 

 平成23年10月27日(木)

 午後4時50分ころ

※どこで

 盛岡市前九年二丁目地内館坂橋バス停付近

※なにがあった

 女子高校生2名が、バス停の椅子に座ってバスを待っていたところ、後方から「スミマセン」と声がしたので振り返ったところ、40代の男性が立っており、いきなりジーパンを下げたが、ジーパンの下には赤色のブルーマーをはいてたもの。 その後その男性は、位置を変えながら、女子高生にブルーマーをわざと見えるようにジーパンを上げ下げしたもの。

※犯人の人着等

 年齢40代の男、身長175cm位、痩せ型、黒色で短めの髪、口ひげ有り(聖徳太子のような髭)
※使用車両
 白色の軽自動車
※これから、日没時間が早くなりますので、早めに帰宅しましょう。 不安がある場合は親等による迎えも必要と思われます。  

以下、情報元のソースです。

http://sc.machicomi.jp/moriw034/__NTNlODNiMzhlOSY2Y284cmsyeg


H23年10月21日(不審者)紫波町北日詰

女子中学生に対するつきまとい発生
日 時:平成23年10月21日 (金)午後5時50分ころ
場 所: 紫波町北日詰地内の路上
犯人の特徴
 犯人は、身長175㎝位で40歳位の男、中肉、おかっぱ風の黒色頭、上下とも黒っぽい色服を着用(一見してトレーナー風)
被害状況
 帰宅途中の女子中学生が、路上で見知らぬ男性から無言で走って追いかけられた。
 女子中学生は、近くの一般住宅に逃げ込んだところ、犯人は、追いかけて来た道を戻って逃走。     幸い、つきまといされた女子中学生に怪我などの被害は無かったようです。

以下情報元ソース
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/

尚、10月17日から21日までの感染症情報は下記の配信済み情報のサイトへ記載しておりますのでごらんください。

H23年10月17日~21日(感染症)

平成23年10月17日(月)~10月21日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  495名
1日あたりの延べ欠席者数 99名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 92名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(234名),咳(85名),体調不良(34名),下痢(16名),鼻水(14名)
 疾病ごと 水痘(13名),感染性胃腸炎(13名),気管支炎・肺炎(7名)
マイコプラズマ感染症(5名),とびひ(4名)

風邪症状,嘔吐・下痢症状は昨週並みです。
水痘が依然として流行しています。
とびひが発生しています。

【症状別の発生状況】
水痘          盛南地域で新たに発生し,都南地域で減少しています。
感染性胃腸炎      厨川・河北地域で新たに発生しました。
気管支炎・肺炎     河北・盛南地域で新たに発生しました。
マイコプラズマ感染症  厨川・都南地域で新たに発生しました。
とびひ         玉山地域で新たに発生しました。

【県の状況(10/10~10/16)】
 マイコプラズマ肺炎は,この週も発生が多く,定点あたり患者数は1.37人でした。本疾患は,マイコプラズマという小型の細菌を原因とし,感染は学童期から若年成人に多く,症状は長く続く乾いたせきを特徴とします。適切な抗菌薬療法が必要です。
RSウイルス感染症は,流行期の冬季に向い,今後の動向に注意が必要です。本疾患の症状は鼻水やせき,発熱などでありますが,乳幼児では細気管支炎や肺炎などを併発し,呼吸困難を呈することがあり,注意が必要です。予防には,手洗いの励行,マスクの着用が有効です。
インフルエンザは,流行開始前に予防接種を受けることが勧められます。希望される方は医療機関にお問い合わせください。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年10月19日(不審者)上の橋町

 2件中2件目
発生日時・場所/平成231019()1500頃 上の橋町 自転車店付近の歩道

被害児童生徒/小学校3年生男子児童2

状況/帰宅後、待ち合わせをしていた友人と一緒に自宅に向かっている途中、近くにいた男がにらんできた。その後、男は走って追いかけてきたので、児童たちは自宅のあるマンションまで走って逃げた。マンションの管理人に状況を話し、警察に通報してもらった。

不審者の特徴/男性 30歳から40歳くらい 身長170cmくらい 標準体型 丸顔 茶髪 赤いジャンパー(白い数字のバックプリント) 黒の長ズボン

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。

不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H23年10月18日(不審者)中の橋通

2件中1件目

10/18にお知らせした内容と同様の件と思われます。

発生日時・場所/平成231018()620頃 中の橋通1コンビニエンスストアの駐車場

被害児童生徒/中学校2年生女子生徒1
状況/生徒が店舗内で買い物をしていたところ、店のガラス越しに同店舗の駐車場で、男が生徒の方を向いて、ズボンのファスナーに手をかけていた。生徒はすぐに目をそむけたので、男の逃走方向についてはわからなかった。生徒は店員にそのことを伝え、店員が警察に通報した。
不審者の特徴/男性 30歳くらい
身長170cmくらい 小太り 黒髪(中くらいの長さ) 灰色パーカー 青色ジーパン 黒色リュックサック

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。

不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)

皆様におかれましてもご注意ください。


H23年10月18日(不審者)中の橋

本日午前620分ころ、盛岡市中ノ橋地内おいて、店で買い物をしている女子学生に対し、30歳位の男性が外からガラス越しに、ズボンのファスナーに手をかけ、その仕草を見せつけるという事案が発生しております。

下半身を出すまでには至らなかったとのことですが、同様の不審者を見つけた際には、警察へ通報願います。

以下ソース

http://sc.machicomi.jp/morih034

103日から7日及び1010日から14日の感染症情報は下記の配信済情報サイトに掲載しましたので、ご覧ください。


H23年10月10日から14日(感染症)

平成23年10月10日(月)~10月14日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  367名
1日あたりの延べ欠席者数 92名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 92名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(164名),咳(68名),体調不良(27名),鼻水(12名),嘔吐(10名)
 疾病ごと 水痘(14名),手足口病(欠席6名),気管支炎・肺炎(3名)
流行性角結膜炎(3名)

ウイルス性腸炎を疑う胃腸炎症状が出始めています。
水痘が根強く流行しています。
手足口病が依然として発生しています。
初冬の感染症発生の傾向が見られます。寒さ対策にご留意ください。

【症状別の発生状況】
水痘          都南地域で増加しました。
手足口病        玉山地域で増加しました。
気管支炎・肺炎     厨川・都南地域で新たに発生しました。
流行性角結膜炎     都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(10/3~10/9)】
 マイコプラズマ肺炎は,この週も発生が多く,定点あたり患者数は1.37人となりました。患者報告数が多い状態が4ヶ月以上にわたり続いています。本疾患は,マイコプラズマという小型の細菌を原因とし,感染は学童期から若年成人に多く,症状は長く続く乾いたせきを特徴とします。適切な抗菌薬療法が必要です。
手足口病は,4週連続で減少しました。今回の流行は終息に向かっていると考えられます。
RSウイルス感染症は,前週より減少しましたが,流行期の冬季に向い,今後の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年10月3日から7日(感染症)

平成23年10月3日(月)~10月7日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  462名
1日あたりの延べ欠席者数 92名(前週の1日あたりの延べ欠席者数131名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(207名),咳(83名),体調不良(23名),鼻水(16名),嘔吐(9名)
 疾病ごと マイコプラズマ感染症(15名),手足口病(欠席11名 登園1名),
水痘(11名),突発性発疹症(3名)

かぜ症状,胃腸炎症状は昨週並みです。
手足口病は減少傾向ですが,依然として流行中です。

【症状別の発生状況】
マイコプラズマ感染症  河南・都南地域で減少しています。
手足口病        盛南地域で新たに発生し,都南地域で増加しました。
水痘          厨川・都南地域で減少しています。
突発性発疹症      盛南地域で減少しています。

【県の状況(9/26~10/2)】
 マイコプラズマ肺炎は,前週より増加し,定点あたり患者数は1.47人となりました。5月末から4ヶ月以上にわたり患者報告数が多い状態が続いています。本疾患は,マイコプラズマという小型の細菌を原因とします。感染すると発熱と激しいせきが続き,髄膜炎等を併発することもあります。
手足口病は,3週連続で減少しましたが,定点あたり患者数は警報値(5人)を超えており,依然,流行状態にあります。
※震災の影響で,大船渡地区の一部定点医療機関からは情報が入っていません。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

野生の猿の目撃情報です。

以下盛岡市からの情報です。
野生のサルの目撃情報について
市環境部環境企画課から,9月中旬より野生のサルの目撃情報が相次いでいるとの情報提供がありましたのでお知らせします。
現在,人が襲われるなどの被害はありませんが,サルを見かけた際は不用意に近づかないようにしてください。また,餌を与えたり,生ごみなど餌となるものを外に置かないよう注意してください。

○これまでに環境企画課に寄せられた目撃情報
1-9月10日簗川2地割
2-9月12日川目7地割(川目小学校付近)
3-9月12日手代森9地割(岩手晴和病院付近)
4-9月14日黒川6地割
5-9月15日大ヶ生8地割
6-10月3日浅岸3丁目(浅岸柿木平公園付近)
7-10月4日浅岸字二ツ森
8-10月6日国道4号北山トンネル南口付近
9-10月6日浅岸2丁目
10-10月6日下米内字一本松
以上、お気をつけください。

平成23年10月6日(不審者)中ノ橋通

2件中2件目
発生日時・場所/平成23106()1300頃 中ノ橋通2 大型店舗付近の歩道
被害児童生徒/小学校5年生女子児童4
状況/帰宅後、4人で待ち合わせをして発生場所付近の歩道を歩いていると、すれ違った男に写真を撮られた。男はにやにやと笑っていた。八幡宮のお祭りの時にも、同じ男に2回写真を撮られていたことがあり、その時は気にしなかったが、3回目なので不審に思い保護者に言うとともに、学校に連絡した。学校から警察に通報した。
不審者の特徴/50歳から60歳くらい
身長170cmくらい 標準体型 短髪 白髪頭 ベージュのハーフコート
児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
*今年度の発生件数
小学校33件・中学校13件・合計46(平成23107日現在)


PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR