H23年11月30日(振り込め詐欺)永井

振り込め詐欺事件が発生しました。
1.発生日時場所
 本日(11/30)午前9時25分ころ盛岡市永井地内において発生しました。
2.被害状況
 仙台の社会保険事務所の者と名乗る男から電話が掛かり、応対した被害者(高齢女性)に「医療費の還付金がある」等とATM(現金自動預払機)を操作させ、現金を振り込ませようようとした事案です。
 被害者は、変だなと思い警察に連絡して現金の被害はありませんでしたが、同様の手口の振り込め詐欺が県内で連続発生しておりますので気をつけましょう。
3.電話があった場合
 110番通報をお願いします。

※紫波警察署
 019-671-0110
 担当 生活安全課 豊岡

以下ソースです。
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/


H2311月22日(振り込め詐欺)花巻

日時:平成231122AM9:30

場所:花巻市内

被害状況: 花巻市役所職員を語る男性の声で医療費還付を装い、携帯電話から電話させて指示を出してATM機で現金を振り込ませる手口。

※再発防止

 ATM機付近で高齢者の者が携帯電話で話しをしながらATM機を操作している場合や、長時間にわたり操作している場合などは、積極的に声かけを実施して頂き、水際での被害防止活動に御協力お願いします。


H23年11月14日~18日(感染症)

平成23年11月14日(月)~11月18日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  635名
1日あたりの延べ欠席者数 127名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 99名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(227名),嘔吐(81名),咳(75名),体調不良(37名),下痢(23名)
 疾病ごと 感染性胃腸炎(24名),気管支炎・肺炎(18名),水痘(14名),
咽頭結膜熱(プール熱)(6名),流行性角結膜炎(5名)

風邪症状,胃腸炎症状が微増しています。
感染性胃腸炎が流行中です。
水痘の罹患者数が再び増加傾向です。
流行性角結膜炎が微増しています。
【症状別の発生状況】
感染性胃腸炎     厨川・都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
気管支炎・肺炎    玉山・河南地域で増加しました。厨川・盛南・都南地域で減少しています。
水痘         盛南地域で増加し,河北・都南地域で減少しています。
咽頭結膜熱      都南地域で新たに発生しました。
流行性角結膜炎    都南地域で増加しました。

【県の状況(11/7~11/13)】
 感染性胃腸炎は,定点あたり患者数が前週より増加しました。今週,県内の保育園ではノロウイルスによる集団発生例が5件報告されています。予防には,食事前や排便後の手洗い,食品の十分な加熱(85℃,1分以上),患者汚物の塩素系漂白剤を用いた適切な処理が有効です。
 水痘は増加し,中部および二戸地区で注意報値(定点あたり患者数4人)を超えました。例年,冬季に流行がみられることから,注意が必要です。
マイコプラズマ肺炎はこの週も発生が多く,定点あたり患者数は2.21人でした。
百日咳は久慈地区で増加し,警報値(1人)を超えました。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年11月20日(不審者)神子田8

2件中2件目
発生日時・場所/平成23年11月20日(日)14:30頃 神子田8 公園近くの路上
被害児童生徒/小学校3年生男子児童1名
状況/児童が公園から自宅に帰る途中、男が寄ってきて「○○ちゃんの家知らない?」と話しかけてきた。児童が「知らない。」と答えると、男はフィルム付きカメラで肩越しに写真を撮った。男はそのまま北の方向へ走っていってしまった。翌日、児童は担任にそのことを話した。警察には通報済み。
不審者の特徴/男性
30歳から40歳くらい 身長170cmくらい 大柄 灰色ニット帽 青色Tシャツ 外国人っぽいが日本語は流暢

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

H23年11月15日(不審者)山岸2

2件中1件目
発生日時・場所/平成23年11月15日(火)16:00頃 山岸2
信用金庫裏の路上
被害児童生徒/小学校4年生女子児童1名
状況/下校途中、正面から歩いてきた男が、すれ違いざまに児童の腕を掴んできた。児童は、その手を振りほどいて、家の方向に走って逃げた。男は追いかけてこなかった。帰宅後、児童は母親に話し、母親が学校に連絡した。警察へは学校から通報した。
不審者の特徴/男性
30歳から40歳くらい 中肉中背 黒色帽子 黒色ジャンパー
マスク

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

H23年11月22日(不審者)盛岡駅前バスロータリー

日時:平成231122()am7:50

場所:盛岡駅前バスロータリー内

被害状況:被害者が大学受験のため、盛岡駅前バスロータリー内でバスを待っていたところ、40歳前後の二人組の男から、大学の合否通知を届けるからと言われて、受験番号、氏名、学部、電話番号を書いた紙を手渡したところ、現金を請求されて1,000円を支払ってしまったとのことです。

犯人の特徴:犯人の一人は、身長175㎝以上、40歳前後、上衣黒色ジャケット、下衣黒色ズボン着用で、少し舌足らずの関西弁。
二人目は、身長170センチ以下、年齢不詳、目が小さい。

※被害に遭わないために

 (1)岩手大学の合格発表は122日午後1時から、岩手大学のホームページで発表されることになっています。

 (2)同様の事案が予想されることから、不審者からの電話や変質者を発見した時は、すぐ110番通報したり、大声を出すなどして、周りにいた人達に助けを求めるなど勇気を出して通報して下さい


H23年11月7日~11日(感染症)

平成23年11月7日(月)~11月11日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  496名
1日あたりの延べ欠席者数 99名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 99名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(194名),咳(91名),体調不良(45名),嘔吐(41名),下痢(26名)
 疾病ごと 気管支炎・肺炎(25名),水痘(15名),マイコプラズマ感染症(8名)
流行性角結膜炎(4名)

風邪症状,胃腸炎症状は昨週並みです。
水痘が微増しています。流行性角結膜炎がみられます。
気管支炎・肺炎,マイコプラズマ感染症が流行中ですので,ご留意ください。

【症状別の発生状況】
気管支炎・肺炎     盛南・河南・都南地域で新たに発生し,玉山・厨川地域で増加しました。
水痘          河北・盛南地域で新たに発生し,都南地域で増加しました。
マイコプラズマ感染症  玉山・都南地域で増加し,河南地域で減少しています。
流行性角結膜炎     河南・都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(10/31~11/6)】
 感染性胃腸炎は増加傾向にあり,定点あたり患者数は4.83人でした。この週も盛岡市内の保育園においてノロウイルスによる集団感染事例の発生がありました。今後,本格的な流行期を迎えるにあたり,注意が必要です。予防には,食事前や排便後の手洗い,食品の十分な加熱(85℃,1分以上),患者汚物の塩素系漂白剤を用いた消毒が有効です。
マイコプラズマ肺炎はさらに増加し,定点あたり患者数は2.74人でした。今年は,マクロライド系抗菌薬に対しての耐性菌が流行しており,適切な抗菌薬療法が必要です。
インフルエンザは,流行開始前に予防接種を受けることが勧められます。希望される方は医療機関にお問い合わせください。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H23年11月9日(不審者)みたけ4

2件中2件目
発生日時・場所/平成23119()1515頃 みたけ4 私立高校付近の交差点
被害児童生徒/小学校3年生男子児童1名、女子児童1
状況/児童2名が下校中、男が「同じクラスか?」と話しかけてきた。2人が「はい。」と答えると、男は「おじさんも一緒に勉強していい?隣の席に座りたい。」と言ってきた。2人が「えー。」と言うと、男は「ダメなの?」と言ってきた。その後、児童2人が分かれると、男は女児の方に来て「住所は2丁目?名前は何?」と聞いてきたので、女児は「答えられません。」と答えたところ、男は立ち去った。警察へは通報済みである。
不審者の特徴/男性 50歳から60歳くらい 黒髪 白色帽子 緑色ジャンバー 肌色っぽいズボン
皆様におかれましてもご注意ください。


H24.3.8追記
男性が特定され警察から厳重注意を受けたとのことです。


H23年11月6日(不審者)青山4

2件中1件目

発生日時・場所/平成23116()1500頃 青山4 大型商業店舗内

被害児童生徒/中学校1年生女子生徒1

状況/母親と一緒に買い物をしていると、知らない男が「ここはどこだ。」と母親に話しかけてきた。母親が「トイレです。」と答えると、男は運動着の生徒の名前を見て、「○○ちゃん、手を見せて。」「これ持っていって。」と言って、100円硬貨を差し出した。生徒が「いらない。」と言うと、男は「俺は明日死んで、明後日生き返って○○ちゃんと結婚するから。」と言った。母親が「娘に何か用事ですか?」と言うと、男は逃げるようにトイレに入って行った。親子は、そのままその場を去った。警察には通報していない。

不審者の特徴/男性 70歳くらい 身長低い 灰色の上着 黒色ズボン


H23年10月31日~11月4日(感染症)

平成23年10月31日(月)~11月4日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数  394名
1日あたりの延べ欠席者数 99名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 106名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(140名),咳(68名),体調不良(33名),下痢(25名),嘔吐(22名)
 疾病ごと マイコプラズマ感染症(10名),気管支炎・肺炎(9名),水痘(5名),
感染性胃腸炎(5名)

風邪症状,嘔吐・下痢症状は昨週並みです。
マイコプラズマ感染症が微増しています。
水痘がわずかですが減少しています。
【症状別の発生状況】
マイコプラズマ感染症  玉山・都南地域で新たに発生しました。
河南地域で昨週並みです。 河北地域で減少しています。
気管支炎・肺炎     玉山地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
            厨川地域で減少しています。
水痘          都南地域で減少しています。
感染性胃腸炎      盛南・都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(10/24~10/30)】
 感染性胃腸炎は,盛岡市内の保育園においてノロウイルスによる集団感染事例が報告されました。県内の患者数は増加傾向にあり,今後の流行期を迎えるにあたり,注意が必要です。
マイコプラズマ肺炎は増加し,定点あたり患者数は1.63人でした。本疾患は,マイコプラズマという小型の細菌を原因としています。感染は学童期から若年成人に多く,症状は長く続く乾いたせきを特徴とします。今年は,マクロライド系抗菌薬に対しての耐性菌が流行しており,適切な抗菌薬療法が必要です。
インフルエンザは,流行開始前に予防接種を受けることが勧められます。希望される方は医療機関にお問い合わせください。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR