H24年3H24年3月12日から16日(感染症)

平成24年3月12日(月)~3月16日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数    758名
1日あたりの延べ欠席者数  152名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 121名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(214名),咳(39名),体調不良(34名),鼻水(24名),下痢(11名)
 疾病ごと インフルエンザ(280名),水痘(38名),溶連菌感染症(19名),
      おたふくかぜ(19名),リンゴ病(欠席6名 登園4名)
風邪・胃腸炎症状が微増しています。
インフルエンザは再び増加傾向で,依然として流行中です。
水痘,おたふくかぜが増加しています。
溶連菌感染症,リンゴ病が発生しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   玉山・盛南・都南地域で増加しました。厨川・河北・河南地域で減少しています。
水痘        河北地域で増加しました。河南地域で減少しています。
溶連菌感染症    玉山・都南地域で新たに発生しました。厨川・河北地域で減少しています。
おたふくかぜ    厨川地域で新たに発生し,河南地域で増加しました。
リンゴ病      河北・河南地域で新たに発生しました。都南地域で減少しています。

【県の状況(3/5~3/11)】
 インフルエンザは,やや増加し,定点あたり患者数が30.54人となりました。今シーズンは,A香港型ウイルスとB型ウイルスが混合流行していることから,すでに感染した人でも別の型に感染する可能性があり,注意が必要です。治療には抗インフルエンザ薬が有効であり,発症後早期に使用することにより重症化,遷延化を防ぐことができるので,感染を疑った場合は,早めの受診が勧められます。予防には,手洗い,うがいの励行が重要です。
 溶連菌咽頭炎は,二戸地区で警報値(8人)を超えました。
 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は,久慈地区で警報値(6人)を超えました。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H24年3月5日から9日(感染症)

平成24年3月5日(月)~3月9日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数    606名
1日あたりの延べ欠席者数  121名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 131名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(157名),体調不良(47名),咳(27名),下痢(19名),鼻水(9名)
 疾病ごと インフルエンザ(191名),溶連菌感染症(24名),水痘(22名),
      おたふくかぜ(15名),リンゴ病(登園6名)
風邪・胃腸炎症状は多めに推移していますが,減少傾向です。
インフルエンザは減少していますが,依然として流行中です。
水痘,おたふくかぜが発生しています。
溶連菌感染症,リンゴ病が微増しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ    河南地域で増加しました。玉山・厨川・河北・盛南・都南地域で減少しています。
溶連菌感染症     厨川・河北地域で増加しました。河南地域で減少しています。
水痘         河南地域で増加しました。河北地域で減少しています。
おたふくかぜ     河北・河南地域で新たに発生しました。
リンゴ病       都南地域で増加しました。

【県の状況(2/27~3/4)】
 インフルエンザの定点あたり患者数は27.43人となり,前週よりやや減少しましたが,依然流行は続いています。現在,A香港型ウイルスとB型ウイルスが混合流行しており,今シーズン一度感染した場合でも,別型のウイルスによる感染に注意が必要です。本疾患の治療には抗インフルエンザ薬が有効であり,発症後早期に使用することにより重症化,遷延化を防ぐことができるので,感染を疑った場合は,早めに受診が勧められます。予防には,手洗い,うがいの励行が重要です。
 溶連菌咽頭炎は,3週連続で増加しました。本疾患は,冬から春にかけて学童期の子どもに多く見られる細菌性感染症であり,予防には患者との接触を避けること,うがい,手洗いが重要です。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H24年3月12日(不審者)みたけ5

○2件目
発生日時・場所/平成24年3月12日(月)16:00頃 みたけ5 スーパーマーケット付近路上
被害児童生徒/小学校5年生男子児童1名
状況/下校中の児童に男が近づいてきて、「ちょっとおいで。」と話しかけてきた。児童が走って逃げたところ、男も走って追いかけてきたが、途中で追いかけるのを止めた。帰宅後、児童は母親に話し、母親が警察に通報した。
不審者の特徴/男性 60歳くらい 160cm~170cmくらい 紺色フリース 肌色ズボン 黒っぽい野球帽 白髪交じりの短髪
「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください
ましてもご注意ください。


H24年3月12日(不審者)黒石野1

○1件目
発生日時・場所/平成24年3月12日(月)20:20頃 黒石野1 住宅地の路上
被害児童生徒/中学校2年生女子生徒1名
状況/夕食後、生徒が買い物をするために近くの量販店まで外出した帰り、歩道を歩いていたら後ろから近寄ってくる人の気配を感じた。生徒は、ジョギングをしている人だろうと思い気にも留めないでいたら、男がいきなり生徒のズボンに手を掛け、下げようとした。その時の生徒の服装は学校指定の運動着で、腰ひもは結んでいたし中にはハーフパンツもはいていたので、ズボンは下がらなかった。生徒が大声を出したら、男は量販店の方向に逃げていった。翌日、母親と学校から警察へ通報した。
不審者の特徴/男性 20代半ばくらい 170cmくらい 上下灰色のスエット

H24年3月8日現在の不審者特定情報

平成23年11月9日(水)15:15みたけ4 私立高校付近の交差点
http://otag.269g.net/article/16966559.html


平成24年1月26日(木)15:30月が丘3郵便局付近
http://otag.269g.net/article/17064782.html

平成24年2月27日(月)16:30みたけ3タクシー会社前交差点
http://otag.269g.net/article/17108455.html

上記3件の不審者情報の男性が特定され、警察から厳重注意を受けていたとの情報が入りましたのでお知らせします。


H24年3月5日(不審者)山岸3

○3件目
発生日時・場所/平成24年3月5日(月)15:40頃 山岸3 交差点付近路上
被害児童生徒/小学校3年生男子児童1名
状況/下校中、児童が一人で歩いていると、男がついてきて「電気あんま知っているか。」と声をかけてきた。児童が返答しなかったところ、男は「おちんちんにするやつだよ。」と言ってきた。これに対しても児童が返答しなかったところ、男は「ミニ四駆は知ってる。」と言ってきた。児童は怖くなり、そのまま家に帰り、学校に連絡した。警察へは通報済みである。
不審者の特徴/男性 20歳から30歳くらい 坊主頭 背が高い 黒色ジャンパー 青色ズボン 白色「キャリー」という車
「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください
ましてもご注意ください。


H24年3月2日(不審者)中の橋通1

○2件目
発生日時・場所/平成24年3月2日(金)15:40頃 中の橋通1 銀行付近路上
被害児童生徒/小学校2年生女子児童1名
状況/児童がスイミングスクールのバスを待っていたところ、男が近寄ってきて、デジタルカメラで写真を撮った。男は児童のすぐそばに立ち止まっていたので、児童はバスが来るまで知らない顔をしていた。バスが来て、児童が乗り込もうとしたとき、男はもう一枚写真を撮った。帰宅後、児童は母親に話し、週明けに報告を受けた学校から警察に通報した。
不審者の特徴/男性 40歳から50歳くらい 170cmくらい 黒色ジャンパー 黒縁めがね 黒色カメラ 白髪交じりの短髪(薄毛)

H24年2月29日(不審者)境田町

○1件目
発生日時・場所/平成24年2月29日(水)15:55頃 境田町 踏切付近路上
被害児童生徒/小学校2年生女子児童1名
状況/下校中、児童3人が歩いていると、男が前方より歩いてきて、通り過ぎたときに一番後ろを歩いていた女子児童のランドセルを後ろから引っ張った。びっくりした児童が大声を上げたら、男は逃げていった。帰宅後、児童が母親に話し、母親から学校に連絡があった。警察へは通報済みである。
不審者の特徴/男性 50歳から60歳くらい 160cmくらい 小太り 白髪交じり 黒色帽子 黒色ジャンパー 黒色ズボン

H24年2月27日から3月2日(感染症)

平成24年2月27日(月)~3月2日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,485名です。
この週の延べ欠席者数    654名
1日あたりの延べ欠席者数  131名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 165名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(136名),咳(47名),体調不良(28名),下痢(25名),腹痛(11名)
 疾病ごと インフルエンザ(279名),水痘(37名),感染性胃腸炎(19名),
      溶連菌感染症(13名),マイコプラズマ感染症(8名)
風邪・胃腸炎症状は昨週並です。
インフルエンザは減少していますが,依然として患者数は多い傾向です。
水痘,溶連菌感染症が発生しています。
マイコプラズマ感染症が増加しています。
【症状別の発生状況】
インフルエンザ    玉山・厨川・盛南・河南地域で増加しました。河北・都南地域で減少しています。
水痘         河北地域で増加しました。河南地域で減少しています。
感染性胃腸炎     玉山・河北・都南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
溶連菌感染症     盛南・都南地域で新たに発生し,河南地域で増加しました。
マイコプラズマ感染症 河北地域で新たに発生しました。

【県の状況(2/20~2/26)】
 インフルエンザは前週より減少しましたが,定点あたり患者数は29.57人であり,流行は継続しています。本疾患の治療には抗インフルエンザ薬が有効であり,発症後早期に使用することにより重症化,遷延化を防ぐことができるので,感染を疑った場合は,早めの受診が勧められます。予防には,手洗い,うがいの励行が重要です。
 溶連菌咽頭炎は増加し,二戸地区では6週連続で警報値(8人)を超えました。本疾患は,冬から春にかけて学童期の子どもに多く見られる細菌性感染症であり,予防には患者との接触回避,うがい,手洗いが重要です。
 感染性胃腸炎は,例年より患者数が少ない状態で推移していますが,県内ではノロウイルスによる集団事例が報告されており,注意が必要です。予防には,流水と石けんを用いた手洗い,患者の汚物の塩素系漂白剤を用いた適切な処理が重要です。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

尚、2月27から3月2日までの感染症情報を更新しました。現在ふじみ幼稚園ではインフルエンザB型の感染が見受けられます。本日は、すみれ組から1名インフルエンザB型による欠席の報告がありました。各ご家庭におかれましても予防対策を行いますようお願いします。


鳥インフルエンザについて

夜分に大変恐れ入ります。
滝沢村で野鳥の死体から鳥インフルエンザが確認されました。そのことから、子どもたちが鳥の死体を見かけても触らないように各家庭にて指導くださるようお願いします。なお死体を見かけた場合には岩手県福祉課へご連絡くださるようお願いします。
電話番号019-629-6563
以下テレビ報道の内容です。
岩手県は滝沢村で回収されたカルガモの死体から鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県によりますと、2月29日に滝沢村滝沢の葉の木沢山地内で見つかったカルガモ2羽の死体について遺伝子検査をした結果、このうち1羽の死体から、H7亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。これを受けて、死亡した野鳥が回収された場所を中心とする半径10キロ圏内が、環境省によって野鳥監視重点区域に設定された。高病原性かどうかについては今後北海道大学に死体を送って確定検査を行うことにしている。

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR