H24年6月26日(不審者)津志田

発生日時・場所/平成24年6月26日(火)18:20頃 津志田地内の津志田児童センター付近
被害児童生徒/女子生徒
状況/帰宅中の女子生徒たちが、津志田近隣公園方向に歩いていたところ、前方から携帯電話を持って自転車に乗った男性とすれ違いざまに写真を撮られたもの。
 幸い、写真を撮られた女子生徒たちは、怪我などの被害は無かったようです。

不審者の特徴/身長170cmくらい、年齢20歳から30歳くらい、白色Tシャツ、Gパン、短髪黒髪、前かご付きの自転車使用、携帯電話所持の男性。
再発防止被害にあったときはすぐ110番通報したり、大声を出したりして近くにいた人に助けを求めるなど勇気を出して通報してください。


「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年6月18日~22日(感染症)

平成24年6月18日(月)~6月22日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    405名
1日あたりの延べ欠席者数   81名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 85名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(158名),体調不良(38名),下痢(34名),咳(24名),発疹(11名)
 疾病ごと 水痘(52名),気管支炎・肺炎(25名),リンゴ病(欠席3名 登園21名),
      とびひ(欠席5名 登園3名)

風邪,下痢症状は昨週並みです。
気管支炎・肺炎が発生しています。
気道感染の重症化が考えられますので,注意が必要です。
リンゴ病,とびひが微増しています。

【症状別の発生状況】
水痘       厨川・河北・盛南・都南地域で減少しています。
気管支炎・肺炎  厨川・河北地域で新たに発生し,玉山・盛南地域で増加しました。
リンゴ病     都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
とびひ      都南地域で増加しました。

【県の状況(6/11~6/17)】
 百日咳は,宮古地区より9例,釜石地区で2例および久慈地区で1例の報告がありました。患者は中高生がほとんどを占めています。ワクチン未接種の新生児,乳児は特に注意が必要です。
 マイコプラズマ肺炎は,過去5年間のこの時期に比較して報告数のかなり多い状況が続いています。地区別では宮古地区からの報告が約3割を占めています。また,年齢層別では4歳以下の乳幼児が約4割を占めています。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H24年6月11日から15日(感染症)

 平成24年6月11日(月)~6月15日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    423名
1日あたりの延べ欠席者数   85名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 94名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(119名),咳(34名),下痢(17名),嘔吐(11名),体調不良(11名)
 疾病ごと 水痘(108名),リンゴ病(欠席1名 登園21名),おたふくかぜ(6名)
      とびひ(欠席2名 登園5名),流行性角結膜炎(5名)

風邪,胃腸炎症状は昨週並みです。
水痘が急増し,流行が続いています。
リンゴ病が昨週に続き発生しています。
流行性角結膜炎は,微減ですが発生しています。

【症状別の発生状況】
水痘       厨川・河北・盛南・都南地域で増加しました。
リンゴ病     玉山地域で新たに発生し,河北地域で減少しています。
おたふくかぜ   河北地域で新たに発生しました。厨川地域で減少しています。
とびひ      都南地域で新たに発生しました。河北地域で減少しています。
流行性角結膜炎  都南地域で増加しました。

【県の状況(6/4~6/10)】
 百日咳は,宮古地区より10例,および久慈地区で2例の報告がありました。
 咽頭結膜熱は,中部地区および一関地区で多くなっています。本疾患は,プール熱とも呼ばれ,感染経路は主に飛沫感染や接触感染で,タオルの共用でも感染する場合があるので注意が必要です。
 感染性胃腸炎は,前週より減少しましたが,過去10年間のこの時期に比較してやや多く,6月に入ってからも保育園でロタウイルスを原因とする集団感染事例が発生しており,集団生活の場では引き続き注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H24年6月11日(不審者)仙北3

発生日時・場所/平成24年6月11日(月)17:00頃 仙北3 交番付近の路上
被害児童生徒/小学校5,6年生男子児童6名 女子児童3名
状況/下校中、進行方向に酒に酔ってフラフラな男がいて、横を通り過ぎようとした児童たちに声を掛けてきた。
児童たちは無視をして通りすぎたが、男はフラフラとした足取りで児童たちの後を追いかけてきた。
怖くなった児童たちは、歩調を早めてその場を離れた。時等たちが振り返ると、男は付近の歩道に横になっていたので、児童たちは近くのコンビニで状況を話し、帰宅した。その後、事情を聴いた母親から学校に連絡が入った。
不審者の特徴/20代後半で175㎝位の中肉、短髪の男。


*この男性については、警察が見つけ自宅に送り届けるとともに、指導を行っている。

平成24年度発生事案数(教育委員会通知)小学校9件 中学校2計 計11件


「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年6月7日(不審者)仙北3

発生日時・場所/平成24年6月7日(水)7:50頃 仙北3 派出所付近の路上
被害児童生徒/小学校1年生女子児童2名
状況/登校中、進行方向にいた男が、背負っていたリュックサックを歩道上に下し立ち止まった。
児童たちは、そのリュックサックを避け、車道にはみ出さなければならなかったため、「ここに置かないで。」と男に行ったところ、
男は急に怒りだし、一人の児童のランドセルを叩き追いかけてきた。児童たちは怖くなり走って逃げ、近くにいた大人に助けを求めた。その大人が付近を捜したが、男は見つからなかった。
登校後、学校職員が児童たちから状況を聞き、保護者に連絡するとともに、警察に通報した。
不審者の特徴/男性 年齢20歳くらい 黒色のジャンパー 黒色ズボン

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年5月29日(不審者)紫波町日詰

発生日時・場所/平成24年5月29日(火)17:40頃 紫波町日詰地内の路上(住宅街の裏通り)
被害児童生徒/男子児童
状況/男子児童が自転車で帰宅途中、駐車車両の前を通り過ぎようとしたところ、同車両の脇に立っていた男から「お母さんが事故に遭ったから、
一緒に病院に行かないか」と声をかけられ、これを断ったところ、同男が「事故に遭ったっつってんだろ!」と声を荒げたので、自転車に乗って逃げたが、追いかけては来なかった。
不審者の特徴/20代後半で175㎝位の中肉、短髪の男。

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年6月4日~8日(感染症)

平成24年6月4日(月)~6月8日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    470名
1日あたりの延べ欠席者数   94名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 87名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(184名),咳(35名),体調不良(26名),嘔吐(17名),下痢(11名)
 疾病ごと 水痘(64名),リンゴ病(欠席4名 登園36名),インフルエンザ(26名),
      おたふくかぜ(10名),とびひ(欠席2名 登園10名),流行性角結膜炎(6名)

風邪,胃腸炎症状は昨週並みです。
水痘,おたふくかぜが依然として流行中です。
インフルエンザ,リンゴ病,とびひが増加しています。
流行性角結膜炎が発生しています。

【症状別の発生状況】
水痘       厨川・河北地域で増加しました。都南地域で減少しています。
リンゴ病     都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
インフルエンザ  盛南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
おたふくかぜ   玉山・盛南地域で新たに発生しました。厨川地域で減少しています。
とびひ      河北地域で増加しました。
流行性角結膜炎  河南・都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(5/28~6/3)】
 感染性胃腸炎は,前週よりやや増加しました。全国的にも患者報告数がかなり多い状況です。県内でも4月中旬から過去10年間の同時期に比較して多い状況が続いています。保育園などの集団生活の場では引き続き注意が必要です。
 百日咳は,宮古地区より10例の報告がありました。
 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は,二戸地区で警報値(定点あたり患者数6人)を超えているほか,一関および宮古地区で注意報値(3人)を超えています。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H24年5月28日~6月1日(感染症)

平成24年5月28日(月)~6月1日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    524名
1日あたりの延べ欠席者数   87名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 105名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(163名),咳(40名),体調不良(35名),嘔吐(22名),下痢(15名)
 疾病ごと 水痘(63名),おたふくかぜ(16名),溶連菌感染症(15名),
       リンゴ病(欠席2名 登園16名),インフルエンザ(5名)


風邪,胃腸炎症状は昨週並みです。
水痘,おたふくかぜが依然として流行しています。
インフルエンザが発生しています。

【症状別の発生状況】
水痘       厨川・盛南・都南地域で増加しました。河北地域で減少しています。
おたふくかぜ   厨川地域で増加しました。
溶連菌感染症   厨川地域で新たに発生し,河北・河南地域で増加しました。
リンゴ病     都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
インフルエンザ  厨川地域で新たに発生しました。

【県の状況(5/21~5/27)】
 感染性胃腸炎は,前週より減少しましたが,過去10年の同時期と比較して患者報告数の多い状況が続いています。久慈地区では前週から定点あたり患者数が10人を超えています。また,盛岡市の保育園で,ロタウイルスを原因とする集団感染事例が発生しており,保育園などの集団の場では注意が必要です。
 マイコプラズマ肺炎は,定点あたり患者数が2.00と増加しました。地区別では,宮古地区からの報告数が全体の4割を占めています。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H24年6月4日(不審者)駅前北通

発生日時・場所/平成24年6月4日(月)16:50頃 駅前北通 旭橋上
被害児童生徒/小学校2年生女子児童
状況/児童センターでの活動後、帰宅途中に初老の男が「お菓子をあげるよ」と言って近づいてきた。3人は、無視をして歩き続け、男はその後をつけてきた。男は途中コンビニに入り、それ以上追ってこなかった。自宅に帰った児童が母親に報告し、母親が110番通報した。警察はコンビニと児童宅で聞き取りをした。その後、母親から学校に連絡が入った。
不審者の特徴/男性 初老 黒縁眼鏡 灰色セーター 青色ズボン 額に髪の毛がなかった

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年5月23日(不審者)中野1

発生日時・場所/平成24年5月23日(水) 18:15頃 中野1 ボーリング場近くの路上
被害児童生徒/小学校2年生男子児童1名
状況/歩行中、付近にいた男が「ジュースあげるから、こっちにおいで」と声をかけ手招きした。怖くなった児童は、「いいです」と言って走って逃げた。帰宅後、児童が母親に話し、母親から学校に連絡。学校から警察に通報した。
帰宅後、一人の児童が保護者に話し、保護者から学校に連絡があった。警察へは学校から連絡済みである。
不審者の特徴/男性 年齢60歳くらい 身長165㎝ぐらい 中肉 丸顔 髪型禿げ(前頭部に若干頭髪) 黒色のジャンパー 黒色ズボン
「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR