H24年10月15日から19日(感染症)

平成24年10月15日(月)~10月19日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    449名
1日あたりの延べ欠席者数   90名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 106名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(151名),咳(63名),体調不良(36名),下痢(10名),嘔吐(10名)
 疾病ごと 手足口病(欠席39名 登園31名),とびひ(欠席8名 登園4名),
気管支炎・肺炎(20名),流行性角結膜炎(2名)

風邪,下痢症状は昨週並みに発生しています。
夏に流行する手足口病,とびひが依然として多めに推移しています。
もうすぐインフルエンザワクチンの接種時期です。体調の良いときに接種を
受けましょう。

【症状別の発生状況】
手足口病        厨川・盛南・河南地域で増加しました。
とびひ         都南地域で増加しました。
気管支炎・肺炎     厨川・河南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
流行性角結膜炎     都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(10/8~10/14)】
 RSウイルス感染症は,前週よりやや減少しましたが,先週まで報告のなかった宮古地区からも報告があり,感染地区が拡がっています。年齢別では,2歳以下が9割を占めており,乳幼児では,細気管支炎や肺炎などを併発し,呼吸困難を呈することがあり注意が必要です。
 手足口病は,前週より減少しました。盛岡市で6週連続して警報値(定点あたり患者数5人)を超えているほか,中部および一関地区でも患者が多い状況が続いており,引き続き注意が必要です。
 流行性角結膜炎は,久慈地区で10例の報告がありました。年齢別では20歳以上がほとんどです。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H24年10月13日(不審者)県立大学陸上競技場付近

盛岡西地区防より

※いつ 
 平成24年10月13日(土)
 午後7時前ころ
※どこで
 県立大学陸上競技場南西の路上
※何があった
 女子高校生が一人で滝沢駅方向に歩いていたところ、後方から自転車に乗った男が近づいてきて停止し、女子高校生のお尻付近を触った後、滝沢駅方向に逃走したもの。
※犯人の人着等
 年齢20代位の男、中肉、メガネ使用、背は高め、自転車のハンドルはT字型

※つきまとわれた場合は、近くの民家や店に駆け込み、警察等に速報して下さい。 出来る限り複数での行動をお願いします。 
 

H24年10月9日から12日(感染症)

平成24年10月9日(火)~10月12日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    422名
1日あたりの延べ欠席者数   106名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 123名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(166名),咳(49名),体調不良(40名),鼻水(13名)
 疾病ごと 手足口病(欠席29名 登園11名),とびひ(欠席3名 登園6名),
水痘(12名),マイコプラズマ感染症(9名),溶連菌感染症(6名)

手足口病,とびひがわずかですが流行しています。
水痘,マイコプラズマ感染症,溶連菌感染症が発生しています。
RSウイルス感染症が流行中です。感染拡大にご注意ください。

【症状別の発生状況】
手足口病        河南・盛南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
とびひ         河北地域で増加しました。都南地域で減少しています。
水痘          盛南地域で新たに発生しました。
マイコプラズマ感染症  盛南地域で増加しました。

【県の状況(10/1~10/7)】
 RSウイルス感染症は,2週続けて増加しました。盛岡市,県央,奥州および大船渡地区で多くなっています。本疾患は主に乳幼児が感染し,インフルエンザ様の呼吸困難を伴う気管支炎となるので,要注意疾患です。7月中旬より増加傾向がみられていましたが,前週より急激な増加を示しました。今後の発生の動向に注意が必要です。
 手足口病は,前週より減少しましたが,過去5年間の同時期と比較して報告数が多く,盛岡市,中部および一関地区で警報値(定点あたり患者数5人)を超えています。咳などの飛沫感染のほかに,便にもウイルスが排泄されるので,予防には手洗いと適切な汚物の処理が重要です。
 流行性角結膜炎は,久慈地区で17例の報告がありました。 
マイコプラズマ感染症は,定点あたり患者数が2.74人と前週より増加しました。宮古地区で報告数が多くなっています。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H24年10月1日から5日(感染症)

平成24年10月1日(月)~10月5日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    617名
1日あたりの延べ欠席者数   123名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 82名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(262名),咳(81名),体調不良(51名),鼻水(10名)
 疾病ごと 手足口病(欠席37名 登園24名),とびひ(欠席5名 登園8名),
リンゴ病(欠席1名 登園12名),おたふくかぜ(5名)

風邪・胃腸炎症状は増加傾向です。
手足口病,とびひ,リンゴ病が依然として流行中です。
気管支炎を伴うRSウイルス感染症が流行しています。

【症状別の発生状況】
手足口病       厨川・都南地域で増加しました。河北地域で減少しています。
とびひ        都南地域で新たに発生しました。河北地域で減少しています。
リンゴ病       河南地域で増加しました。
おたふくかぜ     都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(9/24~9/30)】
 RSウイルス感染症は,急増しました。盛岡市および奥州地区で多くなっています。年齢層別では1歳以下の乳児が9割近くを占めています。本疾患は,主に乳幼児が感染し,インフルエンザ様の呼吸困難を伴う気管支炎となるので要注意疾患です。
 手足口病は,前週とほぼ同数の報告がありました。地区別では,盛岡市,中部,奥州および一関地区で警報値(定点あたり患者数5人)を超えており,県内陸部を中心に流行しています。年齢層別では1~3歳に多く5割以上を占め,また,7歳児の報告が増加しました。県環境保健研究センターで実施しているウイルス検査では,エンテロウイルス71型,A群コクサッキーウイルス6型および9型が検出されています。
 流行性角結膜炎は,久慈地区で報告数が多く警報値(同8人)を超えました。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H24年10月4日(不審者)みたけ3

発生日時・場所/平成24年10月4日(木)17:30頃 みたけ3 運動公園付近の路上
被害児童生徒/小学校3年生 男子児童1名
状況/児童が運動公園から自転車に乗って帰宅中、前を歩いていた男2人を追い越したところ、突然、そのうちの一人が走って追いかけてきて、児童の隣に来た。そして、大きな声で「わっ」と脅かした。児童はびっくりして転倒し、擦り傷と打撲の怪我を負った。男2人は、児童が転んだのを見て大笑いし、そのまま立ち去った。翌日、担任が話を聞き、警察に通報した。
不審者の特徴/□男性1 10歳代後半 170cmくらい 上下黄色のジャージ(UNBRO【アンブロ】のロゴ) 黒色短髪
□男性2 10歳代後半 165cmくらい 上下水色のジャージ 黒色短髪「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年9月27日(不審者)青山駅

発生日時・場所/平成24年9月27日(木)16:15頃 青山駅駐輪場
被害児童生徒/小学校3年生 女子児童2名
状況/上堂児童センターを利用している小3女児2名が、下校途中に青山駅駐輪場に差し掛かった際に見知らぬ男性から声を掛けられ接近されることがあった。女児からの訴えを聞いた児童センター職員が、関係機関である盛岡西警察署生活安全課へ通報し、同署職員が児童より事情聴取を行った。聴取後は、関係機関や各家庭へ連絡するとともに、保護者へ迎えをお願いした。
不審者の特徴/男性 30歳から40歳くらい 身長不明 サングラス 茶色スニーカー

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H24年9月24日~28日(感染症)

平成24年9月24日(月)~9月28日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    411名
1日あたりの延べ欠席者数   82名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 102名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(189名),咳(44名),体調不良(29名),鼻水(7名)
 疾病ごと 手足口病(欠席51名 登園11名),とびひ(欠席8名 登園12名),
気管支炎・肺炎(28名),マイコプラズマ感染症(7名)

風邪・胃腸炎症状は昨週並みで推移しています。
手足口病,とびひは依然として流行中です。
気管支炎・肺炎,マイコプラズマ感染症が発生しています。

【症状別の発生状況】
手足口病       盛南地域で新たに発生し,河北・都南地域で増加しました。厨川地域で減少しています。
とびひ        玉山地域で新たに発生し,盛南地域で増加しました。
気管支炎・肺炎    玉山・河北地域で新たに発生しました。厨川・都南地域で減少しています。
マイコプラズマ感染症 厨川地域で新たに発生しました。

【県の状況(9/17~9/23)】
 手足口病は,前週とほぼ同数と横ばい状態で推移しています。地区別では,盛岡市および奥州地区で警報値(定点あたり患者数5人)を超えています。本疾患は夏季に流行する疾患ですが,この時期に地域的に流行することもあり注意が必要です。
 RSウイルス感染症は,前週より減少しましたが,大船渡地区で多くなっています。本疾患は,主に乳幼児が感染しインフルエンザ様の呼吸困難を伴う気管支炎となり,要注意疾患です。全国的に患者の発生が増加傾向にあり,県内での今後の発生動向に注意が必要です。
 流行性角結膜炎は,定点あたり患者数が前週より増加しました。久慈地区で報告数が多くなっています。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H24年9月29日(不審者)青山駅付近

※いつ 

 平成24年9月29日(木)午後4時ころ

※どこで

 IGR青山駅付近からマルイチ付近

※何があった
 女子小学生2名が、下校途中、青山駅の出入口付近に男が立っており、目が合ったところ、「待って、待って」と言いながら追いかけてきた。 小学生が、逃げながら後方を見たところ、後方10m位を追いかけてきたので、また逃げたが、スーパー付近で振り返ったところ男の姿が消えていた。

※犯人の人着等

 20~30歳位の男、170~175cm位、中肉、逆三型の顔、黒色、短髪、上衣 不明、下衣 黒っぽいジャージ、サングラス着用

※つきまとわれた場合は、近くの民家や店に駆け込み、警察等に速報して下さい。  


PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR