H25年2月18日から22日(感染症)

平成25年2月18日(月)~2月22日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    413名
1日あたりの延べ欠席者数  83名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 118名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(133名),咳(33名),体調不良(19名),嘔吐(11名)
 疾病ごと インフルエンザ(119名),水痘(14名),溶連菌感染症(10名),
      頭シラミ(欠席1名 登園4名),リンゴ病(欠席0名 登園11名)

風邪,胃腸炎症状は昨週並みの流行です。
インフルエンザは減少していますが,依然として多い傾向です。


【症状別の発生状況】
インフルエンザ   すべての地域で減少していますが,依然として多い傾向です。
水痘        河南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
溶連菌感染症    河北地域で新たに発生し,都南地域で増加しました。
頭シラミ      都南地域で減少しています。

【県の状況(2/11~2/17)】
 インフルエンザはすべての地区で減少し,県全体で警報値(定点あたり患者数30人)を下回りました。宮古地区で警報値を越えているほか,その他の9地区で注意報値(同10人)を超えており,引き続き注意が必要です。また,これまでに,県環境保健研究センターでは,A香港型ウイルスが検出されており,流行の主流はA香港型ウイルスですが,例年,この時期からB型ウイルスによる流行も見られるので,発生の動向に注意が必要です。咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなどの咳エチケット,外出後の手洗いなどの予防対策が重要です。
 感染性胃腸炎は,やや増加しました。1月以降これまでに,ノロウイルスによる食中毒事例が4例,老人福祉施設での集団感染事例が8例発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年2月18日から22日(感染症)

平成25年2月18日(月)~2月22日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    413名
1日あたりの延べ欠席者数  83名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 118名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(133名),咳(33名),体調不良(19名),嘔吐(11名)
 疾病ごと インフルエンザ(119名),水痘(14名),溶連菌感染症(10名),
      頭シラミ(欠席1名 登園4名),リンゴ病(欠席0名 登園11名)

風邪,胃腸炎症状は昨週並みの流行です。
インフルエンザは減少していますが,依然として多い傾向です。


【症状別の発生状況】
インフルエンザ   すべての地域で減少していますが,依然として多い傾向です。
水痘        河南地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
溶連菌感染症    河北地域で新たに発生し,都南地域で増加しました。
頭シラミ      都南地域で減少しています。

【県の状況(2/11~2/17)】
 インフルエンザはすべての地区で減少し,県全体で警報値(定点あたり患者数30人)を下回りました。宮古地区で警報値を越えているほか,その他の9地区で注意報値(同10人)を超えており,引き続き注意が必要です。また,これまでに,県環境保健研究センターでは,A香港型ウイルスが検出されており,流行の主流はA香港型ウイルスですが,例年,この時期からB型ウイルスによる流行も見られるので,発生の動向に注意が必要です。咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなどの咳エチケット,外出後の手洗いなどの予防対策が重要です。
 感染性胃腸炎は,やや増加しました。1月以降これまでに,ノロウイルスによる食中毒事例が4例,老人福祉施設での集団感染事例が8例発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年2月21日(不審者)三本柳

紫波安心メールより

女子児童に対する
身体等への接触事案発生
◎日時 
 平成25年2月21日(木)
  午前8時頃
◎場所
 三本柳地内の路上
◎犯人の特徴
 犯人は、身長160㎝~170㎝位の中肉で30歳~40歳位の短髪でマスク使用の男
◎被害状況
 登校途中の女子児童が、路上で見知らぬ男性から無言でランドセルを引っ張られたが、女子児童に怪我などの被害は無かったようです。
※被害防止のために
 被害に遭ったときはすぐ110番通報したり、大声を出したりして近くにいる人に助けを求めるなど勇気を出して通報してください。


H25年2月21日(不審者)三本柳

紫波安心メールより

女子児童に対する
身体等への接触事案発生
◎日時 
 平成25年2月21日(木)
  午前8時頃
◎場所
 三本柳地内の路上
◎犯人の特徴
 犯人は、身長160㎝~170㎝位の中肉で30歳~40歳位の短髪でマスク使用の男
◎被害状況
 登校途中の女子児童が、路上で見知らぬ男性から無言でランドセルを引っ張られたが、女子児童に怪我などの被害は無かったようです。
※被害防止のために
 被害に遭ったときはすぐ110番通報したり、大声を出したりして近くにいる人に助けを求めるなど勇気を出して通報してください。


H25年2月12日から15日(感染症)

平成25年2月12日(火)~2月15日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    473名
1日あたりの延べ欠席者数  118名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 131名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(92名),咳(34名),嘔吐(19名),体調不良(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(220名),リンゴ病(欠席4名 登園31名),
      頭シラミ(欠席1名 登園28名),感染性胃腸炎(11名)

風邪症状は減少傾向です。
インフルエンザが依然として流行しています。
リンゴ病,頭シラミが発生しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   河北・盛南地域で増加しました。玉山・厨川・河南・都南地域で減少しています。
リンゴ病      厨川地域で増加しました。河北地域で減少しています。
頭シラミ      都南地域で新たに発生しました。
感染性胃腸炎    玉山・河北地域で新たに発生しました。

【県の状況(2/4~2/10)】
 インフルエンザは,前週に引き続き,すべての地区で警報値(定点あたり患者数30人)か注意報値(同10人)を超え,流行が続いています。本疾患は,38℃以上の発熱,頭痛,筋肉痛,関節痛などが突然現れ,咳,鼻汁などの呼吸器症状が続きます。症状が出た場合や,「かかったかな?」と感じた場合は,重症化予防のため48時間以内の医療機関への受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれており,熱が下がったとしてもすぐに登校(出勤)しない,咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなど,周囲への配慮が勧められます。
 感染性胃腸炎は,過去5年間の同時期と比較して低い状況で推移していますが,ノロウイルスによる食中毒や老人福祉施設での集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと患者の便や吐物の適切な処理が重要です。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H25年2月12日から15日(感染症)

平成25年2月12日(火)~2月15日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    473名
1日あたりの延べ欠席者数  118名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 131名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(92名),咳(34名),嘔吐(19名),体調不良(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(220名),リンゴ病(欠席4名 登園31名),
      頭シラミ(欠席1名 登園28名),感染性胃腸炎(11名)

風邪症状は減少傾向です。
インフルエンザが依然として流行しています。
リンゴ病,頭シラミが発生しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   河北・盛南地域で増加しました。玉山・厨川・河南・都南地域で減少しています。
リンゴ病      厨川地域で増加しました。河北地域で減少しています。
頭シラミ      都南地域で新たに発生しました。
感染性胃腸炎    玉山・河北地域で新たに発生しました。

【県の状況(2/4~2/10)】
 インフルエンザは,前週に引き続き,すべての地区で警報値(定点あたり患者数30人)か注意報値(同10人)を超え,流行が続いています。本疾患は,38℃以上の発熱,頭痛,筋肉痛,関節痛などが突然現れ,咳,鼻汁などの呼吸器症状が続きます。症状が出た場合や,「かかったかな?」と感じた場合は,重症化予防のため48時間以内の医療機関への受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれており,熱が下がったとしてもすぐに登校(出勤)しない,咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなど,周囲への配慮が勧められます。
 感染性胃腸炎は,過去5年間の同時期と比較して低い状況で推移していますが,ノロウイルスによる食中毒や老人福祉施設での集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと患者の便や吐物の適切な処理が重要です。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


H25年2月4日から8日(感染症)

平成25年2月4日(月)~2月8日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    654名
1日あたりの延べ欠席者数  131名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 126名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(181名),咳(60名),体調不良(20名),鼻水(14名)
 疾病ごと インフルエンザ(279名),水痘(18名),手足口病(欠席1名 登園21名),
      溶連菌感染症(11名)

風邪症状(インフルエンザの疑い有)が多目に推移しています。
昨週に続きインフルエンザが流行しています。
溶連菌感染症が増加傾向です。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   河北・盛南・河南・都南地域で増加しました。玉山地域で減少しています。
水痘        厨川地域で増加しました。都南地域で減少しています。
手足口病      厨川地域で新たに発生しました。
溶連菌感染症    都南地域で増加しました。

【県の状況(1/28~2/3)】
 インフルエンザは,前週よりさらに増加しました。すべての地区で警報値(定点あたり患者数30人)か注意報値(同10人)を超えています。学校等の閉鎖措置の報告数も多く,本格的な流行となっています。予防には,咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなどの咳エチケット,外出後の手洗い,適度な湿度の保持,十分な休養とバランスのとれた食事をとる,人ごみや繁華街への外出を控えるなどが重要です。
 感染性胃腸炎は,やや減少しました。過去5年間の平均より低い状況で推移していますが,ノロウイルスによる老人福祉施設等での集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年2月4日から8日(感染症)

平成25年2月4日(月)~2月8日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    654名
1日あたりの延べ欠席者数  131名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 126名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(181名),咳(60名),体調不良(20名),鼻水(14名)
 疾病ごと インフルエンザ(279名),水痘(18名),手足口病(欠席1名 登園21名),
      溶連菌感染症(11名)

風邪症状(インフルエンザの疑い有)が多目に推移しています。
昨週に続きインフルエンザが流行しています。
溶連菌感染症が増加傾向です。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   河北・盛南・河南・都南地域で増加しました。玉山地域で減少しています。
水痘        厨川地域で増加しました。都南地域で減少しています。
手足口病      厨川地域で新たに発生しました。
溶連菌感染症    都南地域で増加しました。

【県の状況(1/28~2/3)】
 インフルエンザは,前週よりさらに増加しました。すべての地区で警報値(定点あたり患者数30人)か注意報値(同10人)を超えています。学校等の閉鎖措置の報告数も多く,本格的な流行となっています。予防には,咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなどの咳エチケット,外出後の手洗い,適度な湿度の保持,十分な休養とバランスのとれた食事をとる,人ごみや繁華街への外出を控えるなどが重要です。
 感染性胃腸炎は,やや減少しました。過去5年間の平均より低い状況で推移していますが,ノロウイルスによる老人福祉施設等での集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年1月28日から2月1日(感染症)

平成25年1月28日(月)~2月1日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    632名
1日あたりの延べ欠席者数  126名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 125名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(123名),咳(52名),体調不良(18名),鼻水(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(342名),水痘(23名),リンゴ病(欠席2名 登園33名),
      溶連菌感染症(14名)

インフルエンザ罹患者が急増しています。
リンゴ病,溶連菌感染症が流行しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   玉山・厨川・河北・盛南地域で増加しました。
水痘        都南地域で増加しました。
リンゴ病      厨川地域で増加しました。
溶連菌感染症    河北・盛南・都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(1/21~1/27)】
 インフルエンザは,県内全ての地区で前週より増加し,定点あたり患者数31.63人と警報値(30人)を超えました。本疾患は,発熱(38℃以上の高熱),頭痛,筋肉痛,関節痛などが突然現れ,咳,鼻汁などの呼吸器症状が続きます。症状が出た場合や,かかったかな?と感じた場合は,重症化防止のため48時間以内の医療機関への受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれており,熱が下がったとしてもすぐに登校(出勤)しない,咳・くしゃみなどの症状がある場合にはマスクをするなど,周囲への配慮が勧められます。
 感染性胃腸炎は,中部および久慈地区でやや多くなっています。ノロウイルスによる集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いと,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。
 伝染性紅斑(リンゴ病)は,盛岡市で警報値(2人)を超えているほか,県央,宮古および大船渡地区でも報告数が多くなっています。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR