H25年8月21日(不審者)東中野


保育園では手足口病の感染が広がっておりますのでご注意ください。


△1件中1件目

H25年8月19日から23日(感染症)

平成25年8月19日(月)~8月23日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    239名
1日あたりの延べ欠席者数   48名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 27名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(60名),体調不良(17名),下痢(13名)発疹(13名)
 疾病ごと 手足口病(38名),とびひ(15名),おたふくかぜ(13名),
ヘルパンギーナ(12名),水痘(9名)
      
風邪,下痢は極度に流行が減りました。
水痘,おたふくかぜはいつものような数字です。
ヘルパンギーナ,手足口病,とびひの流行が目につきます。

【症状別の発生状況】
手足口病       盛南・河北・厨川地域で微増しています。
とびひ        厨川地域で微増し,河南地域で新たに発生しました。
おたふくかぜ     玉山地域で微増しています。
ヘルパンギーナ    河南地域で微増し,厨川地域で新たに発生しました。
水痘         厨川地域で新たに発生しました。

【県の状況(8/12~8/18)】
手足口病は,2週連続して県全体で警報値(定点あたり患者数5人)を超えました。地区別では,盛岡市,中部,奥州および一関地区で警報値を超えています。本疾患は,小児の急性ウイルス性疾患で,口の中や手足などに水疱性の発疹がでます。通常は数日で回復しますが,まれに髄膜炎を併発することがあり,頭痛や嘔吐がある場合には,小児科受診が必要です。当センターで実施しているウイルス検査では,A群コクサッキーウイルス6型が検出されています。
ヘルパンギーナは,前週より増加し,大船渡地区で警報値(同6人)を超えました。本疾患は小児の急性ウイルス性疾患で,いわゆる夏かぜの代表的な疾患です。症状は発熱,咽頭粘膜の発赤,口の中の水疱等です。年齢層別では5歳以下が9割を占めています。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年8月27日(不審者)西仙北

盛岡東地区防犯協会より
 
○発生時間
 8月27日午後5時30分頃
○発生場所
 盛岡市西仙北一丁目道路上
○状況
 徒歩で帰宅中の小学生女児をカメラで撮影し、「何年生?」等と声をかけた。
 
下校時はできるだけ1人にならない、人気のない路地を歩かないなど被害に遭わないように注意しましょう。
 
☆☆「いかのおすし」で被害の防止を☆☆
「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる
※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。
児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

H25年8月12日から16日(感染症)

平成25年8月12日(月)~8月16日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    136名
1日あたりの延べ欠席者数   27名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 109名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(46名),体調不良(6名),発疹(5名)
 疾病ごと 手足口病(31名),ヘルパンギーナ(9名),気管支炎・肺炎(7名),
風邪(6名),とびひ(5名)
      
水痘,ヘルパンギーナ,とびひ,手足口病が流行しています。
お盆の休暇ですから正確性がありません。
傾向的には昨週と同じでしょう。

【症状別の発生状況】
手足口病       都南地域で増加し,各地域で流行しています。
ヘルパンギーナ    都南地域で微増し,盛南・河南地域で継続して流行しています。
気管支炎・肺炎    厨川地域で新たに発生しています。
風邪         河南・都南地域で継続して流行しています。
とびひ        盛南地域で微増しました。

【県の状況(8/5~8/11)】
手足口病は,前週よりさらに増加し,県全体で警報値(定点あたり患者数5人)を超えました。本疾患は,口腔粘膜および手や足などに現れる水疱性の発疹を主症状としたウイルス性疾患で,乳幼児を中心に夏季に流行します。基本的には数日で回復しますが,まれに髄膜炎を併発することがあり,頭痛や嘔吐がある場合には,小児科受診が必要です。乳幼児が集団生活をする保育園や幼稚園では,タオルの共用はしないこと,石けんと流水による手洗いと排泄物の適切な処理が重要です。
ヘルパンギーナは,盛岡市および宮古地区で警報値(同6人)を超えました。例年流行のピークは7月中旬ですが,過去5年間と比較して流行の始まりが遅くなっており,今後の発生の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年8月13日(盗撮)都南地区、紫波

紫波安心メールより

 夏季に入り、盛岡市の都南地区、紫波郡矢巾町大字又兵ェ新田地内において、
  ○入浴中に風呂場を覗かれた
  ○脱衣場で着替え中にスマートフォンで盗撮されたようだ
といった事案が発生しています。
 連日の暑さにより、換気のために窓を開けているという方もいると思いますが、入浴中や着替え中には、しっかり窓を閉めて鍵を掛けましょう。
 不審者を目撃した際には、直ぐに警察への通報をお願いします。


H25年7月25日(不審者)紫波町

紫波安心メールより
紫波町平沢地内で不審者出没!

◎平成25年7月25日、午後5時頃
◎紫波町平沢地内の路上に於

◎状況
 上記路上で遊んでいた小学校低学年の女子児童2名に対して、見ず知らずの男がお尻をさわるなどしました。
 男は、年齢20歳くらい、背が高くやせ型、赤色の野球帽着用、白色Tシャツ、紺色ジーパン着用、眼鏡なし、首からカメラを提げていました。
 女子児童が「やめて」と話したところ、走って逃げて行ったとのことです。

※梅雨が明けて薄着になる時期であり、わいせつ事案の発生が予想されます。不審者を目撃した際には、すぐに警察への通報をお願いします

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H25年8月1日(不審者)住吉町

盛岡東地区防犯協会より

○発生時間
8月1日午後3時40分頃
○発生場所
盛岡市住吉町地内歩道上
○状況
小学生女児3名が話し中、通りすがりの男に携帯電話で撮影されたもの

知らない人にはついて行かない、不審者に会った場合には大人に助けを求めましょう

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H25年7月22日、8月3日

紫波安心メールより

◎本年7月22日、8月3日
◎盛岡市永井地内に於
◎家人が寝静まった深夜時間帯に住居侵入事件が発生しました。
 犯人の目的は現在までのところ分かっていませんが、どちらも家の人が在宅している中で、無施錠の玄関ドアから侵入されています。
 幸い、どちらも家人に怪我などはありませんでしたが、家人と鉢合わせになって犯人が反撃してくることも十分に考えられます。
 梅雨が明け、暑さが増してくる時期ですが、夜間や外出時など確実に鍵をかけ被害防止に努めましょう。

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。


H25年7月22日から26日(感染症)

平成25年7月22日(月)~7月26日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    281名
1日あたりの延べ欠席者数  56名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 65名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(120名),体調不良(24名),下痢(9名),咳(7名)
 疾病ごと 水痘(28名),とびひ(16名),溶連菌感染症(9名),
風邪(6名),おたふくかぜ(6名)
      
風邪,下痢は少なめの流行です。
おたふくかぜ,水痘,溶連菌感染症が微増しています。
手足口病,とびひの流行が目に付きます。

【症状別の発生状況】
水痘         河北地域で急増しています。
とびひ        河南地域で急増し,都南地域で継続して流行しています。
溶連菌感染症     盛南・都南地域でしています。
風邪         厨川・河北地域で流行しています。
おたふくかぜ     玉山地域で新たに発生しました。

【県の状況(7/15~7/21)】
ヘルパンギーナは,二戸地区で警報値(定点あたり患者数6人)を超えました。一関,大船渡および宮古地区でも多くなっています。過去5年間のこの時期に比較して報告数は少ないのですが,県内では例年8月下旬まで報告数が多くなるので注意が必要です。
手足口病は,中部地区でやや多くなっていますが,他の地区は落ち着いています。全国の前週の定点あたり患者数は7.01人と,警報値(同5人)を超えており,県内での今後の発生の動向に注意が必要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

 

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR