H25年12月9から13日(感染症)

平成25年12月9日(月)~12月13日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    725名
1日あたりの延べ欠席者数  125名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 107名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(159名),体調不良(69名),嘔吐(64名),咳(52名),下痢(50名)
 疾病ごと 水痘(102名),感染性胃腸炎(92名),風邪(25名),流行性角結膜炎(22名),
頭シラミ(欠席2名,登園11名)
      
風邪,胃腸炎は昨週並みの中程度の流行です。
流行性角結膜炎が見られます(アデノウイルスを疑う発熱者有り)。
頭シラミが続いています。
定点での報告はありませんが,インフルエンザに要注意です。

【症状別の発生状況】
水痘        盛南地域で急増,河南地域で微増,厨川地域で微減しました。
感染性胃腸炎    玉山・河北地域で急増,厨川地域で微減しました。
風邪        ほぼ全地域で発生しており,河北地域で微増しました。
流行性角結膜炎   都南地域で微増しました。
頭シラミ      河北・都南地域で発生しています。

【県の状況(12/2~12/8)】
感染性胃腸炎は,県全体で定点あたり患者数9.38人と,県内10地区のうち9地区で前週より増加し,そのうち盛岡市,県央,奥州,大船渡,宮古および二戸地区の6地区で定点あたり患者数が10人を超えました。主な原因であるノロウイルスは非常に感染力が強いので,特に保育所等の集団生活を営む場では注意が必要です。予防には,石けんと流水による手洗い,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。
水痘(みずぼうそう)は,二戸地区で警報値(定点あたり患者数7人)を,中部および一関地区で注意報値(同4人)を超えています。年齢層別では1~4歳が多く約7割を占めています。
インフルエンザは,県全体で定点あたり患者数が0.88人と前週よりやや減少しましたが,先週に患者報告のなかった2地区からも報告があり感染の広がりを見せています。予防には,できるだけ人混みを避ける,帰宅時の手洗い,咳エチケット(咳が出るときはマスクをするなど)などが重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年12月17日(その他)

紫波安心メールより
 本日、矢巾町内に所在する一般家庭に対し、県庁職員を装った不審電話がありました。
 内容は「矢巾町内で空き巣が多発している」などと話しながら、家族構成などを聞きだそうとするものです。
 県庁職員が、このような電話を架けることはありませんので、不審電話があった場合は、質問に答えることはせず、速やかに紫波警察署又は交番・駐在所まで通報してください。

H25年12月2日から6日(感染症)

平成25年12月2日(月)~12月6日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    534名
1日あたりの延べ欠席者数  107名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 115名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(160名),嘔吐(64名),体調不良(40名),下痢(37名)
 疾病ごと 水痘(58名),感染性胃腸炎(36名),風邪(21名),流行性角結膜炎(10名),
頭シラミ(欠席0名,登園20名)
      
風邪症候群,胃腸炎症状が続いています。
水痘が依然として高レベルで流行しています。
流行性角結膜炎が見られます。(アデノウイルス感染症が疑われます。)
頭シラミには特段の処置を願います。

【症状別の発生状況】
水痘        引き続き厨川・河南・盛南地域で流行しています。
感染性胃腸炎    盛南・河南地域で微減しましたが,厨川地域で流行しています。
風邪        全地域で発生していますが,河北地域で多く見られます。
流行性角結膜炎   引き続き都南地域で流行しています。
頭シラミ      欠席者はいませんが,河北・都南地域で発生しています。

【県の状況(11/25~12/1)】
インフルエンザは,県全体で定点あたり患者数1.36となり,流行の開始の指標である1.0人を超え,今年もインフルエンザの流行シーズンに入ったと考えられます。地区別では釜石および中部地区で多くなっており,今後他の地区でも増加が予想されるので注意が必要です。予防には,ワクチン接種,帰宅時の手洗い,咳エチケット(咳が出るときはマスクをするなど),十分な休養と栄養をとることなどが重要です。
感染性胃腸炎は,急増しました。盛岡市では定点あたり患者数が10人を超えており,保育園等でノロウイルスによる集団感染事例が発生しています。ノロウイルスは感染力が強いので,二次感染を防ぐため,石けんと流水による手洗い(調理の前,食事の前,用便後,患者の汚物の処理の後)と,患者の便や吐物の適切な処理が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年11月25日から29日(感染症)

平成25年11月25日(月)~11月29日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    573名
1日あたりの延べ欠席者数  115名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 95名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(201名),咳(57名),嘔吐(49名),体調不良(44名)
 疾病ごと 水痘(103名),風邪(18名),流行性角結膜炎(16名),
感染性胃腸炎(11名)
      
風邪,下痢の小流行状態が続いています。
水痘,頭シラミが急増しています。流行性角結膜炎が増加しています。
インフルエンザワクチンを忘れずに接種しましょう。

【症状別の発生状況】
水痘        盛南・河南地域で急増,厨川地域で引き続き流行しています。
風邪        河北地域で多く見られます。
流行性角結膜炎   都南地域で微増しました。
感染性胃腸炎    河北地域で発生しています。
頭シラミ      欠席者はいませんが,河北・都南地域で流行しています。

【県の状況(11/18~11/24)】
インフルエンザは,流行前であるが前週より増加しました。盛岡市,中部,一関および釜石地区から報告があり,11月に入ってから,釜石地区では4件,中部地区で1件の学校等の休業措置がとられています。ワクチンは効果が現れるまで2週間程度かかるので,早めに接種を受けることが勧められます。接種を希望される方は医療機関にお問い合わせください。
水痘(みずぼうそう)は,増加し,二戸地区で警報値(定点あたり患者数7人)を,一関地区で注意報値(同4人)を超えています。
感染性胃腸炎は,やや増加しました。過去5年間のこの時期に比較してかなり少ない状況が続いていますが,例年この時期に増加するので今後の発生の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H25年12月2日(山岸)熊の目撃情報

熊の目撃情報です。

△1件中1件目

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR