H26年4月14日(感染症)

平成26年4月14日(月)~4月18日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     693名
1日あたりの延べ欠席者数   139名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 102名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(214名),咳(72名),下痢(68名),嘔吐(41名),体調不良(40名)
 疾病ごと インフルエンザ(78名),感染性胃腸炎(54名),風邪(16名),
溶連菌感染症(13名)
      
風邪症状,嘔吐,下痢が微増しています。
インフルエンザが減少に入り2週目ですが,最盛期の1/3程度流行しています。
溶連菌感染症,リンゴ病,頭シラミが微増しています。
新年度の開始で疲れが出始めているようです。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ  河南地域で減少しましたが,玉山・河北・厨川地域で微増しました。
感染性胃腸炎   河北地域で急増,厨川・河南地域で微増しました。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
溶連菌感染症   玉山・河北・河南・都南地域で発生しています。

【県の状況(4/7~4/13)】
インフルエンザは,すべての地区で減少し,県全体では注意報値(定点あたり患者数10人)を下回りましたが,盛岡市および一関地区では注意報値を超えています。4月に入ってからこれまでに16件,学校等休業措置の報告されており,新学期に入って感染の機会が増加することから,引き続き注意が必要です。
感染性胃腸炎は,前週とほぼ同数の報告がありました。4月に入ってから,保育所等におけるノロウイルスやロタウイルスによる集団感染事例が6件発生したほか,ノロウイルスによる食中毒事例も発生しました。予防には,石けんと流水を用いた手洗い,患者の汚物の適切な処理,食品の十分な加熱などが重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年4月24日(不審者)青山2丁目厨川中学校付近

タイトルが7/24になっていましたので4/24に修正しました。

△2件中2件目

H26年4月22日(不審者)津志田

◎4月22日午後3時20分ころ、津志田地内の路上で女子児童が下校途中、男が寄ってきて「ゲームセンターに行くから。コインいっぱいあるよ。」などと、声をかけた後、児童の手を引っ張った。児童は、手を振り切って逃げ自宅に帰った。
※不審者は、30~40歳くらいの男で、中肉中背、165センチくらいで赤色の帽子着用で、メガネなし。緑色のジャンパーにクリーム色のズボン。髪はパンチパーマ。
 被害に遭わないために
★児童生徒はできるだけ複数で行動するようにしましょう。
★不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番しましょう。
★不審者の人相、服装について記憶しておくこと、車両を使用している場合、ナンバーなどを記憶(記録)して警察に通報をお願いします。
 紫波警察署671-0110

H26年4月18日(不審者)黒川

紫波安心メールより

◎4月18日午後4時ころ、男子児童が、黒川地内の国道396号線沿いの交差点で信号待ちをしている時に、車に乗った男に
「車に乗って。」「お菓子あげるよ」「家までつれて行ってあげるよ。」
などと声をかけられました。
※不審者は、40歳ぐらいの男2名で、一人はメガネ使用で、車に乗っていたが、その色や形状はわからなかった。
 被害に遭わないために
★児童生徒はできるだけ複数で行動するようにしましょう。
★不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番しましょう。
★不審者の人相、服装について記憶しておくこと、車両を使用している場合、ナンバーなどを記憶(記録)して警察に通報をお願いします。
 紫波警察署671-0110

 

H26年4月17日(その他)詐欺

(4/17)
盛岡東地区防犯協会より

本日、盛岡市内において市町村職員を語って医療費還付金に関する振り込め詐欺の予兆事案と考えられる不審電話が相次いでいます。
 このような不審な電話を受けた場合には、

○個人情報を絶対に教えない
○不安なときには最寄りの交番・駐在所等に確認すること

をお願いします。 
 また、通帳や現金をレターパックや小包で送ってほしいというものも間違いなくだましの手口ですので、ご家族や離れて暮らす家族、近所の方にもこのような詐欺が流行していると話題にしてください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/morih034


H26年4月7日から11日(感染症)

平成26年4月7日(月)~4月11日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     509名
1日あたりの延べ欠席者数   102名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 100名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(187名),咳(45名),嘔吐(33名),下痢(27名),体調不良(25名)
 疾病ごと インフルエンザ(85名),風邪(25名)感染性胃腸炎(19名),
溶連菌感染症(9名)
      
インフルエンザが昨週に比べて半減しました。
風邪症状が引き続き流行しています。
感染性胃腸炎が少し多めに流行しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ  全地域で減少しましたが,引き続き流行しています。
風邪       都南地域で増加しました。
感染性胃腸炎   都南・河南・厨川地域で流行しています。
溶連菌感染症   少数ですがほぼ全地域で発生しています。

【県の状況(3/31~4/6)】
インフルエンザは, すべての地区で減少しましたが,県全体では注意報値(定点あたり患者数10人)を超えており,今後とも注意が必要であす。新学期が始まり,感染の機会が増えるので,外出後の十分な手洗いや,咳・くしゃみ等の症状がある場合には周囲への感染を防ぐためマスクを着用するなどの感染予防対策が重要です。
感染性胃腸炎は,前週とほぼ同数の報告がありました。例年4月から5月にかけてノロウイルスに加えロタウイルスによる感染性胃腸炎が流行するので,引き続き注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年4月9日(不審者)黒石野


盛岡東地区防犯協会より

○発生時間
 4月9日午後3時50分頃
○発生場所
 盛岡市黒石野二丁目地内歩道上
○状況
 信号待ちをしていた小学生女児2名の姿を、犬の散歩中の男が携帯電話で写真を撮ったもの。

身の危険を感じたらすぐに大人に助けを求める、人気のない路地を歩かないなど被害に遭わないように注意しましょう。
☆☆「いかのおすし」で被害の防止を☆☆
 

H26年3月31日から4月4日(感染症)

平成26年3月31日(月)~4月4日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     499名
1日あたりの延べ欠席者数   100名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 153名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(112名),下痢(27名),咳(23名),体調不良(18名),嘔吐(12名)
 疾病ごと インフルエンザ(237名),感染性胃腸炎(19名),風邪(9名)
      
風邪症状が引き続き中程度流行しています。
下痢・嘔吐(ウイルス性胃腸炎)症状が引き続き見られます。
インフルエンザは最盛期(前々週)の1/3程度の流行ですが,まだ注意が必要です。
水痘がまた始まりました。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ  ほぼ全地域で減少しましたが,河南地域で増加しました。
感染性胃腸炎   河北・盛南地域で新たに発生,河北地域で微増しました。
風邪       少数ですが厨川・盛南・河南地域で発生しています。

【県の状況(3/24~3/31)】
インフルエンザは,減少しすべての地区で警報値(定点あたり患者数30人)を下回りましたが,依然として釜石地区を除く9地区で注意報値(同10人)を超えており,今後とも注意が必要です。外出後の十分な手洗いや,咳・くしゃみ等の症状がある場合には,周囲への感染を拡げないようにマスクをするなどの感染予防対策が重要です。
感染性胃腸炎は,発生の多い状況が続いています。この時期は,ノロウイルスの流行のピークより少し遅れてロタウイルスによる感染性胃腸炎が流行するので,引き続き注意が必要です。
新学期のスタートと共に,学校などの集団生活を営む場では,感染性胃腸炎やインフルエンザなどの集団発生が起きる可能性があります。石けんと流水を用いた手洗いの徹底,感染性胃腸炎の患者の汚物の適切な処理など,基本的な感染予防対策の再確認に努めましょう。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年3月24日から28日(感染症)

平成26年3月24日(月)~3月28日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数     763名
1日あたりの延べ欠席者数   153名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 246名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(175名),下痢(45名),咳(31名),体調不良(28名),嘔吐(19名)
 疾病ごと インフルエンザ(390名),感染性胃腸炎(22名)
      
インフルエンザは昨週の半分の人数です。
インフルエンザに伴う風邪症状が続いています。感染性胃腸炎も流行中です。
春休みで感染症はある程度減少するでしょうが,新年度での対応が未だ必要でしょう。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ  先週より減少しましたが,引き続き全地域で発生・流行しています。
感染性胃腸炎   厨川地域で流行しています。

【県の状況(3/17~3/23)】
インフルエンザは,前週より減少しましたが,5週連続して警報値(定点あたり患者数30人)を超えました。奥州地区では今シーズン初めて警報値を超えたほか,前週より報告数が増加している地区もあり,引き続き注意が必要です。外出後の十分な手洗いや,咳・くしゃみ等の症状がある場合には,周囲への感染を拡げないようにマスクをするなどの対策が重要です。
感染性胃腸炎は,前週より減少しましたが,過去5年間のこの時期に比較して報告数が多くなっています。この週は,ノロウイルスによる小学校での集団感染事例や,春先になると多く検出されるロタウイルスによる保育園での集団感染事例が発生しています。予防には,用便後,調理前,食事前の石けんと流水による十分な手洗いが重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR