H26年5月19日から23日(感染症)

平成26年5月19日(月)~5月23日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     461名
1日あたりの延べ欠席者数   92名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 85名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(194名),咳(64名),体調不良(39名),下痢(31名),嘔吐(31名)
 疾病ごと 気管支炎・肺炎(21名),風邪(13名),溶連菌感染症(12名),
感染性胃腸炎(9名),水痘(7名)      
      
風邪,下痢は3週変わらずわずかに流行しています。
インフルエンザは,わずかですが途絶えずに流行しています。
水痘は減少傾向にあります。
溶連菌感染症,感染性胃腸炎もわずかに流行しています。

【症状別の発生状況】
気管支炎・肺炎  盛南・河南地域で微増,都南地域で新たに発生しました。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
溶連菌感染症   河北地域で微増,河南地域で新たに発生しました。
感染性胃腸炎   河北・都南地域で流行しています。
水痘       河北地域で新たに発生しました。

【県の状況(5/12~5/18)】
感染性胃腸炎は,前週より増加しました。例年夏季に向って報告数が減少していきますが,保育園等でノロウイルスよる集団感染事例も発生しており,引き続き注意が必要です。
インフルエンザは,二戸地区で前週より増加しましたが,他の9地区では減少しました。
伝染性紅斑は,盛岡市および一関地区で多くなっています。
溶連菌咽頭炎は,前週の約2倍の報告数がありました。過去5年間の同時期に比較してかなり多くなっており,今後の発生の動向に注意が必要です。症状は,突然の発熱と全身倦怠感,咽頭痛で,しばしば嘔吐を伴います。予防には,うがいや手洗い,咳エチケットが有効です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年5月26日・27日(湯沢団地、つどいの森入り口付近)

5/26午後9:56頃 小熊1頭
湯沢西3丁目地内
(湯沢団地内)
ドライバーが目撃現場から湯沢中央公園方面へ向かう小熊1頭を目撃
5/27午前7:06頃 成獣1頭
湯沢2地割地内
(つどいの森入り口付近、西部開拓道路)
市民が山手(西部開拓道路)から湯沢団地方面へ歩いていく成獣1頭を目撃

現況:警察ではパトカー4台を出動し、警戒・広報中(マスコミにも情報提供予定)農政課担当も出動し警戒・広報に当たる予定。
現在、新たな情報はありませんが、情報が入り次第またお知らせします。

以上の情報が入っておりますので保護者の皆様におかれましては十分にご注意ください。特に湯沢方面にお住まいの方はお気を付けくださるようお願いします。

H26年5月12日から16日(感染症)

 平成26年5月12日(月)~5月16日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     425名
1日あたりの延べ欠席者数   85名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 89名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(195名),咳(42名),体調不良(29名),下痢(26名),嘔吐(16名)
 疾病ごと 感染性胃腸炎(21名),風邪(15名),インフルエンザ(14名)      
      
風邪,胃腸炎は5月連休開始前と同じくらいの流行です。
インフルエンザの流行がわずかに残っているので,油断しないようにしましょう。

【症状別の発生状況】
感染性胃腸炎   河南・都南・玉山地域で新たに発生,厨川地域で微増しました。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
インフルエンザ  玉山・河北・盛南地域で発生しています。

【県の状況(5/5~5/11)】
インフルエンザは,大きく減少し,すべての地区で注意報値(定点あたり患者数10人)を下回りました。今シーズンの流行は例年と比べて長引いていましたが,終息に向っています。
感染性胃腸炎は,県全体では前週より減少しましたが,久慈(定点あたり患者数15.5人),奥州および一関地区では前週より患者が増加しています。引き続き手洗いの励行,患者の汚物の適切な処理等の感染予防対策が重要です。
伝染性紅斑は,盛岡市で多くなっています。4~5歳の幼児を中心に流行する発疹性疾患で,両頬がリンゴのように赤くなることからリンゴ病とも呼ばれ,腕や足にレース様の紅斑がみられます。例年夏季に増加するので今後の発生の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年5月19日(くま)つどいの森入り口



クマの目撃情報が入りましたのでお知らせします。



お天気も良くつどいのもりへお出かけする機会があると思われますが十分にお気を付けください。

 

・目撃者 一般市民



・目撃日時 平成26519() 午前5時頃



・ 目撃場所 盛岡市湯沢2地割地内【別添地図参照】



・ 目撃頭数 1(小クマ)



・ 内 容 つどいの森入り口付近,浄化貯水タンクのあたりで東(湯沢団地方面)へ移動する小クマを目撃。親グマを追っている様子に見えたとのこと(親グマは確認していない)



・ 現 況 流通センター駐在所にて警戒中。羽場小学校には流通センター駐在所から連絡済。




H26年4月28日から5月2日(感染症)

平成26年4月28日(月)~5月2日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     498名
1日あたりの延べ欠席者数   125名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 121名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(181名),咳(47名),下痢(41名),体調不良(39名),嘔吐(38名)
 疾病ごと インフルエンザ(38名),風邪(25名),感染性胃腸炎(15名),水痘(13名)
      
風邪,胃腸炎は先週の登園日数が少ない割には多めです。
インフルエンザが終息しません。
とびひが出始めました。夏に向けて注意が必要です。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ  全体では減少しましたが,河南地域で微増しました。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
感染性胃腸炎   都南・玉山地域で流行しています。
水痘       都南・玉山地域で微増,厨川地域で新たに発生しました。

【県の状況(4/21~4/27)】
感染性胃腸炎は,3週連続して増加しました。県央地区で警報値(定点あたり患者数20人)を超えたほか,盛岡市,釜石および宮古地区で定点あたり患者数10人を超えています。ノロウイルスなどによる集団感染事例や集団食中毒事例も発生しており,石けんと流水を用いた手洗い,患者の汚物の適切な処理,食品の十分な加熱など,感染予防対策の再確認が重要です。
インフルエンザは,前週とほぼ同数の報告があり,2週続けて注意報値(定点あたり患者数10人)を上回りました。4月に入ってこれまでに,56件の学校等休業措置が報告されており,学校などの集団生活の場では,手洗いと咳エチケットなどの感染予防対策が重要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR