H26年7月14日から18日(感染症)

 平成26年7月14日(月)~7月18日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     495名
1日あたりの延べ欠席者数    99名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 78名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(276名),咳(49名),体調不良(39名),下痢(21名)
 疾病ごと 風邪(22名),気管支炎・肺炎(7名),溶連菌感染症(6名),水痘(6名),
とびひ(欠席6名,登園30名)
      
風邪が微増しました。
いわゆる夏風邪の報告は有りませんでしたが,今後増加が見込まれます。
とびひ,頭シラミの報告が有りました。

【症状別の発生状況】
風邪       河北・河南地域で増加しました。
気管支炎・肺炎  河北地域で微減しましたが,河南地域で新たに発生しました。
溶連菌感染症   河北地域で新たに発生しました。
水痘       盛南地域で流行しています。
とびひ      河北地域で増加,河南地域で微増,都南地域で新たに発生しました。

【県の状況(7/7~7/13)】
ヘルパンギーナは,宮古地区で多くなっています。発熱と口腔粘膜に現れる水疱性発疹を特徴とし,夏期に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎で,いわゆる夏かぜの代表的疾患です。県内の患者はまだ少ないが,今後増加が予想されますので,小児が集団生活を営む保育園等では注意が必要です。予防には外から帰った後,食事の前,トイレの後などの石けんと流水による手洗いの励行が重要です。
手足口病は,例年に比較して患者の少ない状況が続いています。ヘルパンギーナと同様に,乳幼児を中心に夏期に流行するので,今後の発生の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年7月10日(不審者)滝沢市

盛岡西地区防より

平成26年7月10日滝沢市郊外において、小学女児が帰宅した際、男に手を掴まれる事案が発生しましたしました。
 行為者は、30代の男性、身長170cm~175cm、やせ型、白色Tシャツ、黒系のズボンを着用、髭やメガネは無し。
です。
 通行車両があったため、男が手を離し女児は無事でした。
 小学生の皆さんは、
○ なるべく複数で行動する。
○ 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする。
○ 周囲の音に注意し、音楽等を聴くため両耳をイヤホンで塞がない。
○ 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない。
○ 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番等で警察に知らせる。
ようにしてください。
 また、7月14日、北陵中学校でプールの授業中に、車(紺色の軽)に乗った男性(髪を後ろに束ねている)に写真撮影をされるという事案が発生しております。
※ 行為者に関する情報を、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/moriw034/

 

H26年7月7日から11日(感染症)

平成26年7月7日(月)~7月11日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     389名
1日あたりの延べ欠席者数   78名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 76名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(220名),咳(38名),下痢(31名),体調不良(28名)
 疾病ごと 気管支炎・肺炎(12名),溶連菌感染症(7名),風邪(6名),
とびひ(欠席4名,登園6名),リンゴ病(欠席1名,登園8名)
      
各感染症がわずかではありますが,散在して流行しております。
特に夏特有の手足口病,とびひ,ヘルパンギーナ,リンゴ病などには留意下さい。
溶連菌感染も侮れません。

【症状別の発生状況】
気管支炎・肺炎  河北地域で増加しました。
溶連菌感染症   河南地域で新たに発生,厨川・盛南地域で流行しています。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
とびひ      河北・河南地域で流行しています。
リンゴ病     河北・河南地域で流行しています。

【県の状況(6/30~7/6)】
咽頭結膜熱(プール熱)は,6月中旬から例年より患者の多い状況が続いています。症状は発熱,のどの痛み,結膜炎などが現れます。飛沫感染や手指を介した接触感染で広がりますが,タオルなどの共用により感染することもあるので注意が必要です。
水痘(みずぼうそう)は、大船渡地区で注意報値(定点あたり患者数4人)を超えています。同地区では6月上旬から患者の多い状況が続いています。県内では例年5月から7月にかけて報告数が多くなるので,引き続き注意が必要です。予防には任意ですが,ワクチン接種が有効です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年7月9日(不審者)みたけ

盛岡西地区防より

平成26年7月9日夜間、盛岡市みたけ地内の路上において、女子大学生が歩行中、男に抱きつかれる事案が発生しました。
 行為者は、20~30代の男性、身長175cm~180cm、やせ型、黒系の作業服様を着用、縁無しフレームメガネ、白色タオルを頭に巻く
です。
 女子大学生は振り切って無事でした。
 女性の方は、
○ 夜間はなるべく複数で行動する。
○ 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする。
○ 周囲の音に注意し、音楽等を聴くため両耳をイヤホンで塞がない。
○ 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない。
○ 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番等で警察に知らせる。
ようにしてください。
※ 行為者に関する情報を、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/moriw034/


H26年6月30日から7月4日(感染症)


平成26年6月30日(月)~7月4日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     378名
1日あたりの延べ欠席者数   76名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 96名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(194名),下痢(40名),体調不良(36名),咳(20名),発疹(10名)
 疾病ごと 気管支炎・肺炎(12名),溶連菌感染症(9名),風邪(8名),
とびひ(欠席1名,登園9名)
      
風邪,下痢は昨週並みの流行です。
溶連菌感染症がやや多目です。
リンゴ病,とびひが目につきます。特にリンゴ病はプールに入ると紫外線刺激で
悪化する傾向がありますのでお気をつけください。

【症状別の発生状況】
気管支炎・肺炎  河北・盛南地域で微減,厨川・河南地域で流行しています。
溶連菌感染症   盛南・玉山地域で流行しています。
風邪       少数ですがほぼ全地域で発生しています。
とびひ      河北地域で新たに発生,河南地域で流行しています。

【県の状況(6/23~6/29)】
咽頭結膜熱は,中部地区で警報値(定点あたり患者数3人)を超えました。プール熱ともよばれ,発熱,のどの痛み、結膜炎などの症状が現れます。飛沫感染や接触感染で広がりますが,タオルなどの共用により感染することもあるので注意が必要です。
百日咳の報告が,二戸地区から2例ありました。患者は10代が1名,20歳以上が1名です。
感染性胃腸炎は,例年に比較して患者数の多い状況が続いています。盛岡市でノロウイルスによる集団感染事例が発生しており,引き続き注意が必要です。


H26年6月23日から27日(感染症)

 平成26年6月23日(月)~6月27日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     479名
1日あたりの延べ欠席者数   96名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 67名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(234名),体調不良(52名),下痢(39名),咳(37名),嘔吐(21名)
 疾病ごと 気管支炎・肺炎(24名),感染性胃腸炎(13名),溶連菌感染症(11名),
      風邪(11名),リンゴ病(欠席0名,登園9名)
      
風邪,下痢ともに昨週に比べて微増しています。
夏風邪のヘルパンギーナ,流行性角結膜炎が微増しています。
溶連菌感染症,リンゴ病が見られます。

【症状別の発生状況】
気管支炎・肺炎  盛南地域で新たに発生,河北・厨川・河南地域で流行しています。
感染性胃腸炎   盛南地域で新たに発生しました。
溶連菌感染症   少数ですがほぼ全地域で発生しています。
風邪       河北・河南・玉山地域で発生しています。
リンゴ病     河南・玉山地域で発生しています。

【県の状況(6/16~6/22)】
水痘(みずぼうそう)は,大船渡地区で警報値(定点あたり患者数7人)を超えているほか,中部地区で注意報値(同4人)を超えています。年齢層別では1~4歳が多く,患者報告数の70%を超えています。感染経路は,飛沫および接触感染です。症状は発疹と発熱で,発疹は全身性で掻痒を伴い,紅斑から水疱となり痂皮(かさぶた)化します。発疹が現れる1~2日前から,痂皮化するまで感染力があるので注意が必要です。予防には,任意ですが,ワクチン接種が有効です。
伝染性紅斑(リンゴ病)は,一関地区で報告数が多くなっており,この週は警報値(同2人)を超えました。盛岡市および中部地区でも多くなっています。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR