H26年10月20日から24日(感染症)

平成26年10月20日(月)~10月24日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     400名
1日あたりの延べ欠席者数     80名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 80名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(221名),咳(54名),体調不良(29名),嘔吐(16名)
 疾病ごと 風邪(11名),気管支炎・肺炎(8名),頭シラミ(欠席0名,登園69名)
      
風邪,胃腸炎が流行とまでは言えませんがわずかに存在しています。
夏風邪の名残がわずかに見られます。
頭シラミが多発しています。

【症状別の発生状況】
風邪       厨川・河南・盛南地域で流行しています。
気管支炎・肺炎  厨川地域で引き続き流行,河北地域で再び発生しています。
頭シラミ     河北地域で引き続き集中して発生しています。

【県の状況(10/13~10/19)】
溶連菌咽頭炎は,前週より減少しましたが,例年のこの時期に比較してかなり報告数が多い状況が続いています。年齢層別では,3~5歳に多く40%を占めています。突然の発熱,咽頭痛,全身倦怠感によって発症し,体幹に発疹を伴うこともあります。感染後,急性腎炎を併発することがあるので,7から10日間の抗菌薬内服が必要です。予防には,患者との濃厚接触を避けること,うがいや手洗いの励行が重要です。
RSウイルス感染症は,2週続けて増加しました。地区別では中部地区に多くなっています。鼻水,咳,発熱が主な症状で,乳幼児では細気管支炎や肺炎など重症化することがあります。例年,秋から冬にかけて報告数が増加するので,今後の発生動向に注意が必要です。
水痘(みずぼうそう)は,2週続けて増加しました。例年,初夏から夏にかけての流行の他に,冬にも流行するので,今後の動向に注意が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年10月14日から17日(感染症)

平成26年10月14日(火)~10月17日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     318名
1日あたりの延べ欠席者数     80名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 90名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(150名),咳(49名),体調不良(16名)
 疾病ごと 風邪(23名),手足口病(欠席10名,登園3名),
とびひ(欠席5名,登園12名),頭シラミ(欠席1名,登園35名)
      
風邪,下痢をはじめ,各種感染症が少し多めです。
手足口病,頭シラミが目につきます。
水痘・インフルエンザのワクチン接種が始まりました。
接種間隔をうまく調整する必要がある児童もおりますので,ご注意下さい。

【症状別の発生状況】
風邪       全地域で発生しています。
手足口病     厨川地域で集中して発生しています。
とびひ      玉山地域で新たに発生,河北・都南地域で微増しました。
頭シラミ     河北地域で集中して発生しています。

【県の状況(10/6~10/12)】
溶連菌咽頭炎は,例年患者数の少ないこの時期に比較してかなり報告数が多くなっています。地区別では中部地区に多くなっています。突然の発熱,咽頭痛,全身倦怠感によって発症し,体幹に発疹を伴うこともあります。感染後急性腎炎を併発することがあるので,7から10日間の抗菌薬内服が必要です。
RSウイルス感染症は,鼻水,咳,発熱が主な症状で,細気管支炎や肺炎などは乳幼児に多く,呼吸困難を呈することがあります。例年,秋から冬にかけて報告数が増加するので,今後の発生動向に注意が必要です。
マイコプラズマ肺炎は,奥州および宮古地区で多くなっています。マイコプラズマという小型の細菌を原因とする学童から若年成人に多い呼吸器感染症で,長く続く乾いた咳を特徴とします。適切な抗菌薬療法が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年10月18日(痴漢)みたけ


盛岡西地区防より

 平成26年10月18日午後5時分ころ、盛岡市みたけ地内において、帰宅途中の小学女児が、おしりを触られる痴漢事案が発生しました。
 行為者は、
 20歳くらいの男性、自転車使用
です。
 児童・生徒の皆さんは、
 〇 夕暮れが早くなっていることから、なるべく早く帰宅する。
 ○ なるべく複数で行動する
 ○ 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする
 ○ 周囲の音に注意し、音楽等を聞くため両耳を塞がない
 ○ 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない
 ○ 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番などで警察に知らせる
ようにしてください。
※ 行為者に関する情報を、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

H26年10月16日(クマ)湯沢西1丁目

10161120分頃湯沢西1丁目「後島西幼児公園」裏手にて親子のクマ2頭が出没したとのことですので、ご注意ください。 地図リンクhttps://goo.gl/maps/qQzPz

H26年10月6日から10日(感染症)

 平成26年10月6日(月)~10月10日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     451名
1日あたりの延べ欠席者数     90名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 77名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(185名),咳(62名),体調不良(46名),鼻水(15名),下痢(15名)
 疾病ごと 風邪(41名),気管支炎・肺炎(11名),手足口病(欠席2名,登園19名),
とびひ(欠席1名,登園10名),頭シラミ(欠席0名,登園60名)
      
台風通過が2週連続でありましたが,これに伴う流行性疾患はありません。
とびひ,手足口病,溶連菌感染症,頭シラミが目につきます。
そろそろインフルエンザワクチンの接種が始まります。
体調を管理し,早めに1回目の接種(2回接種の必要な方)を受けましょう。

【症状別の発生状況】
風邪       全地域で発生しています。
気管支炎・肺炎  河南地域で新たに発生,河北・盛南地域で引き続き流行しています。
手足口病     厨川地域で集中して発生しています。
とびひ      河北・河南・都南地域で引き続き流行しています。
頭シラミ     河北地域で集中して発生しています。

【県の状況(9/29~10/5)】
RSウイルス感染症は,中部地区で報告数が多くなっています。何度も感染と発病を繰り返す呼吸器のウイルス感染症で,症状は軽い風邪症状から重い肺炎まで様々です。特に乳幼児では,細気管支炎や肺炎などを併発し呼吸困難を呈することがあるので注意が必要です。
溶連菌咽頭炎は,過去5年間のこの時期に比較して報告数の多い状況が続いています。例年,秋から冬にかけて報告数が多くなるので,今後の発生動向に注意が必要です。
無菌性髄膜炎は,一関地区から3例の報告がありました。原因病原体は不明です。無菌性髄膜炎は,種々のウイルスの感染による髄膜の感染症で,発熱,頭痛,嘔吐が主な症状です。全国では,エコーウイルス30型が多く検出されています。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

H26年10月7日(不審者)東松園3丁目

発生日時・場所/平成26年10月7日(火) 17:00頃 東松園3丁目の交差点
被害児童生徒/中学校 3年女子1名 
状況/下校途中、信号待ちをしていたところ、男が後ろから来て隣に並び、女子生徒に対して「胸が大きいね。○○中?何年生?」などと声をかけられたもの。生徒は走って逃げた。学校から近隣の小中学校へ連絡し、警察へも通報済み。
不審者の特徴/男1名 年齢は、40~50歳くらい。


小学校(35件)中学校(10件)合計(45件)平成26年10月9日現在

 

H26年10月8日(不審者)南仙北2丁目

盛岡東地区防犯協会より

○発生時間
 10月8日午後4時50分頃
○発生場所
 盛岡市南仙北二丁目地内
○状況
 徒歩で帰宅中の小学生男児が「お名前は?」と知らない男に声をかけられたもの。

下校時は1人にならない、人気のない路地を歩かないなど被害に遭わないように注意しましょう。
☆☆「いかのおすし」で被害の防止を☆☆

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/morih034


H26年9月29日から10月3日(感染症)

平成26年9月29日(月)~10月3日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     385名
1日あたりの延べ欠席者数     77名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 95名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(180名),咳(42名),体調不良(34名),鼻水(13名),下痢(12名)
 疾病ごと 風邪(21名),気管支炎・肺炎(12名),水痘(11名),
手足口病(欠席6名,登園10名),頭シラミ(欠席0名,登園57名),
とびひ(欠席0名,登園15名)
      
朝夕が寒さを感じる気候となり,風邪が微増しています。
水痘,手足口病,頭シラミの流行が見られます。
水痘の予防接種の定期化が今月から始まりました。インフルエンザワクチン接種の時期と重なりますので,かかりつけ医と相談をして接種してください。

【症状別の発生状況】
風邪       全地域で発生しています。
気管支炎・肺炎  河北・盛南地域で微増しました。
水痘       厨川・河南地域で微増,河北地域で新たに発生しました。
手足口病     厨川地域で引き続き流行しています。
頭シラミ     河北地域で急増しました。
とびひ      河南・河北地域で引き続き流行しています。

【県の状況(9/22~9/28)】
RSウイルス感染症は,前週より増加しました。患者の年齢はすべて2歳以下でした。飛沫および接触感染で感染します。急性の呼吸器症状を引き起こし,乳幼児では,細気管支炎や肺炎などを併発し呼吸困難を呈することがあるので注意が必要です。
水痘(みずぼうそう)は,例年この時期から患者の増加が始まります。発病した場合,通常は軽症ですが,1歳未満と15歳以上では合併症の頻度が高くなります。予防にはワクチン接種が有効です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR