平成27年7月29日(不審者)滝沢市大釜

盛岡西地区防より

 平成27年7月29日午後0時10分ころ、滝沢市大釜地内において、小学5年生の女子児童が自転車で走行中、対向してきた車両が停車し、運転手が手招きをしながら「お嬢ちゃん」と声をかける事案が発生しました。
 女児は、走り去り無事でした。
 行為者の男は、
 50歳~60歳、中肉、上衣:黒色系Tシャツ、下衣:不明、口髭あり
 ゴールド系4ドアセダン車(左ハンドル)使用
です。

 児童・生徒の皆さんは、
 〇 声をかけられても、近づかない。
 〇 なるべく早く帰宅する
 〇 複数で行動する
 〇 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする
 〇 周囲の音に注意し、音楽等を聞くため両耳を塞がない
 〇 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない
 〇 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番などで警察に知らせる
ようにしてください。
※ 行為者に関する情報、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/moriw034/

---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成27年7月21日~24日(感染症)

平成27年7月21日(火)~7月24日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     312名
1日あたりの延べ欠席者数  78名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 75名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(126名),下痢(24名),発疹(24名),咳(23名)
 疾病ごと 手足口病(欠席48名,登園25名),トビヒ(欠席7名,登園29名),
ヘルパンギーナ(13名)
      
夏かぜ症候群の流行が続いています。トビヒに注意。
猛暑に伴う熱中症に要注意。
RSウイルス感染症がありました。

【症状別の発生状況】
手足口病        厨川,都南地域で微減。厨川,河北地域で流行しています。
トビヒ         玉山,河北,河南地域で新たに発生。厨川地域で増加しました。
ヘルパンギーナ     河北地域で増加。都南地域で減少しました。

【県の状況(7/13~7/19)】
 手足口病は,6月中旬より増加が続いています。県央および二戸地区で警報値(定点あたり患者数5人)を超えています。年齢別では,3歳以下が80%を占めています。本疾患は,口の中や手足などに水疱性の発疹が現れる,乳幼児を中心に流行するウイルス性疾患です。通常数日で回復しますが,まれに髄膜炎を併発することがあり,頭痛や嘔吐などの症状がある場合は,小児科受診が必要です。県内では,例年9月上旬まで報告数の多い状況が続くので,今後さら
に注意が必要です。
 ヘルパンギーナは,県央地区で報告数が多くなっています。本疾患は,発熱と口の中に現れる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性疾患です。手足口病およびヘルパンギーナは,咳などによる飛沫感染の他に,便中にもウイルスが排出されるため,予防には手洗いの徹底が
重要で,集団生活を営む保育園などでは特に注意が必要です。
 RSウイルス感染症は,中部および奥州地区で報告数が多くなっています。症状は,軽い風邪
症状から重症の細気管支炎や肺炎等の下気道疾患まで様々あり,注意が必要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成27年7月22日(不審者)長橋町

盛岡西地区防より

平成27年7月22日午後11時ころ、盛岡市長橋町地内において、成人女性が帰宅途中、自転車にまたがった男から「わっ!」と大声で叫ばれ脅かされた事案が発生しました。
 びっくりして逃げていく被害者を見て、男は大声で笑っていたとのことでした。
 行為者の男は、
  50歳~60歳代、上衣:黒色系Tシャツ、自転車使用
です。

◎ 女性の皆さんは、
 ○ 夜間の外出は、なるべく複数で行動する
 ○ 家の近くでも油断せず、車両から降りる際も、あたりを警戒する
 ○ 不審者がいた場合は、躊躇せず110番通報をする
◎ 児童・生徒の皆さんは、
 ○ 声をかけられても、近づかない。
 ○ なるべく早く帰宅する
 ○ 複数で行動する
 ○ 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする
 ○ 周囲の音に注意し、音楽等を聞くため両耳を塞がない
 ○ 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない
 ○ 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番などで警察に知らせる
ようにしてください。
※ 行為者に関する情報、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/moriw034/


---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成27年7月13日~17日(感染症)

平成27年7月13日(月)~7月17日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     376名
1日あたりの延べ欠席者数  75名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 84名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(169名),下痢(29名),咳(22名)体調不良(22名)
 疾病ごと 手足口病(欠席61名,登園49名), ヘルパンギーナ(12名),リンゴ病(12名),
      風邪(11名)
      
風邪,感染性胃腸炎は昨週並み。
今週は夏かぜ症候群としてのヘルパンギーナ,手足口病,リンゴ病などが流行しています。
今後トビヒが多くなります,シャワーで皮膚の清潔を守って下さい。
【症状別の発生状況】
手足口病        厨川,河北地域で急増。都南地域で減少しました。
ヘルパンギーナ     都南地域で増加。厨川地域で微減しました。
リンゴ病        都南地域で新たに発生。河北地域で微増しました。
風邪          河南,都南地域で減少。河北地域で微増しました。

【県の状況(7/6~7/12)】
 手足口病は,二戸地区で5月下旬から警報値(定点あたり患者数5人)を超えた状況が続いています。また,この週は県央地区でも警報値を超えたほか,盛岡市および中部地区でも多くなっています。全国では,前週(第27週)に警報値を超えました。本疾患は,まれに髄膜炎を併
発することがあり,頭痛や嘔吐などの症状がある場合は,小児科受診が必要です。
 ヘルパンギーナは,県央および大船渡地区で報告数が多くなっています。夏に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎で,いわゆる夏かぜの代表的疾患です。手足口病およびヘルパンギーナは,咳などによる飛沫感染の他に,便中にもウイルスが排出されるため,予防には手洗いの
徹底が重要であり,集団生活を営む保育園などでは特に注意が必要です。
溶連菌咽頭炎は,前週より減少しましたが,例年のこの時期に比較して患者数が多く,二戸地区では警報値(同8人)を超えており,引き続き注意が必要です。予防には,患者との濃厚接触を避けること,手洗いやうがいの励行が重要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成27年7月6日~10日(感染症)

 平成27年7月6日(月)~7月10日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     422名
1日あたりの延べ欠席者数  84名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 97名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(193名),咳(29名),下痢(30名),体調不良(14名)
 疾病ごと 手足口病(欠席38名,登園37名),風邪(20名),気管支炎・肺炎(14名),
ヘルパンギーナ(9名)
      
風邪,感染性胃腸炎はここ1ヶ月同じ程度の流行です。
夏かぜウイルス関係の流行があります。
ヘルパンギーナが気になります。今後手足口病なども流行の恐れがあります。
トビヒがこの気候では今後も多発するでしょう。
【症状別の発生状況】
手足口病        都南地域で新たに発生。市内全域で減少しました。
風邪          河南,都南地域で微増。河北地域で減少しました。
気管支炎・肺炎     河北地域で微増。都南地域で微減しました。
ヘルパンギーナ     厨川,河北,都南地域で新たに発生。玉山地域で減少しました。

【県の状況(6/29~7/5)】
溶連菌咽頭炎は,急増しました。5月中旬に患者数が大きく増加し,その後減少が続いていましたが,この週は,再び増加に転じました。二戸地区では定点あたり患者数が28.5人と警報値(同8人)を大きく上回っています。釜石地区でも同9人と警報値を超えています。例年のこの時期に比較して,患者数がかなり多くなっており,今後の発生動向に注意が必要です。通常,患者との接触により感染するので,予防には,患者との濃厚接触を避けること,手洗いやうがいの励行が重要です。
手足口病は,2週続けて増加しました。二戸地区で警報値(同5人)を超えているほか,県央,盛岡市地区でも多くなっています。咳などによる飛沫感染の他に,便中にもウイルスが排出されるため,予防には手洗いを徹底し,幼稚園,保育園,小学校など集団生活では,タオルの共用を避けることなどが重要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成27年7月14日(不審者)前潟

△3件中3件目-------------------
発生日時・場所/平成27年7月14日(火)18:00頃 前潟3丁目
被害児童生徒/小学校6年 女子1名
状況/当該児童が発生場所付近の交差点を横断中、男が近づいてきて望遠鏡で当該児童を見ていたもの。
当該児童は怖くなり、走って逃げたが、男は追いかけてきた。警察には通報済み。
不審者の特徴/20代くらいの男性。背は高くやせ型。黒のスラックス、白い半袖のワイシャツを着用。片手に持てるタイプの青い望遠鏡を所持。

小学校(23件)中学校(4件)合計(27件)平成27年7月15日現在
*小中学校のみ集計
---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成27年7月13日(不審者)西青山

△3件中2件目-------------------
発生日時・場所/平成27年7月13日(月) 21:40頃 西青山3丁目
被害児童生徒/高校2年 女子1名
状況/当該生徒が自宅前で自転車を止めたところ、見知らぬ男に「かわいいね」と声をかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/40代くらいの男性。白い半そでのワイシャツを着用。
---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成27年7月10日(不審者)津志田

△3件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成27年7月10日(金) 16:15頃 津志田中央1丁目
被害児童生徒/小学校4年 男子1名
状況/当該児童が下校途中、男に「ちょっとぼく、新しい妖怪ウォッチのゲームをあげるからこっちへきてよ」と声をかけられたもの。
当該児童は無視して逃げようとすると、男が触ろうとして着いてきたので、走って逃げた。警察には通報済み。
不審者の特徴/40代の男性。ボサボサの髪、小太り、身長170cmぐらい。黒っぽいパーカー、眼鏡とマスクを着用。
---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成27年7月14日(不審者)前潟

盛岡西地区防より


 平成27年7月14日午後6時ころ、盛岡市前潟地内において、小学高学年女子が道路を歩行中、望遠鏡のような物で容姿を注視されるという事案が発生しました。
 行為者は、男性、1名 20歳位 180cm、やせ型、上衣:白色系ワイシャツ、下衣:黒色ズボン、徒歩です。

 児童・生徒の皆さんは、
 〇 なるべく早く帰宅する
 〇 複数で行動する
 〇 防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする
 〇 周囲の音に注意し、音楽等を聞くため両耳を塞がない
 〇 携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない
 〇 事案発生時には、大声で近くの人に助けを求め、すぐ110番などで警察に知らせる
ようにしてください。

 また、7月6日午前0時頃、盛岡市前潟地内において、成人女性が「今帰りなの。」と声をかけられる事案や、7月13日午後11時45分頃、盛岡市北夕顔瀬地内において、成人女性が路上で男性に下半身を見せられ、後方から抱きつかれる事案も発生しております。
 女性の深夜における一人歩きには、十分注意してください。

※ 行為者に関する情報、盛岡西警察署生活安全課(代表電話019-645-0110)にお寄せください。

モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/moriw034/


---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

2015年7月15日(その他)メールが届かない現象

メール連絡網が配信されない現象について

複数の保護者の方から、メールが受信できないとの問い合わせを頂いておりますが、2015年7月12日(日)18時26分から継続中として@ezweb.ne.jpのauの携帯メールが通信できないようです。
詳細はau公式サイト等をごらんください。

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR