平成28年2月26日(不審者)北天昌寺町

△1件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月26日(金)15:30頃 北天昌寺町付近
被害児童生徒/小学校低学年男子児童2名  
状況/当該児童が下校中,男から,「こんにちは。アイス食べる。」と声をかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/40代ぐらいの男性。身長170cmぐらい。頭髪は黒。黒か茶系のジャンパーに,黒い靴を着用していた。
小学校(71件)中学校(29件)合計(100件)平成28年2月29日現在

---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成28年2月24日(不審者)向中野

△1件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月24日(水)16:10頃 向中野付近
被害児童生徒/小学校高学年男子児童  
状況/当該児童が下校中,通行する子どもを歩きながら見ていた男から,声をかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/30~40代ぐらいの男性。丸刈りが少し伸びたような髪形,茶色いジャンパーに黒っぽい ズボンを着用。白と黒が混じった色のリュックを背負っていた。

小学校(70件)中学校(29件)合計(99件)平成28年2月24日現在

---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成28年2月15日~19日(感染症)

平成28年2月15日(月)~2月19日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     802名
1日あたりの延べ欠席者数  160名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 158名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(184名),咳(56名),体調不良(31名),鼻水(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(394名),溶連菌感染症(33名),感染性胃腸炎(10名),
マイコプラズマ(4名)
      
インフルエンザの流行が今年度最大です。
感染性胃腸炎が減少傾向です。頭シラミがいったん途絶えました。
マイコプラズマ,溶連菌感染症が僅かながら流行中です。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ     厨川,河南地域で急増しました。
溶連菌感染症      盛南地域で減少。都南地域で増加しました。
感染性胃腸炎      厨川,河北地域で減少しました。
マイコプラズマ     盛南地域で新たに発生。厨川地域で減少しました。
【県の状況(2/8~2/14)】
インフルエンザは,県全体の定点あたり患者数が32.88人と警報値(定点あたり患者数30人)を超え,県では,2月17日,インフルエンザ流行警報を発令しました。症状は,発熱(通常38℃以上),頭痛,全身倦怠感,関節痛などが突然現れ,のどの痛み,鼻汁,咳等の症状がこれに続きます。症状がある場合は早めの受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれ,熱が下がっても,咳やくしゃみがある場合はマスクをするなど,周囲への配慮が必要です。
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は,6週連続で増加し,調査が始まった平成11年以降,前週に続き最多の報告数を更新しました。今後の動向に注意が必要です。地区別では,盛岡市,一関および二戸地区で警報値(同8人)を超えています。予防には,患者との接触を避けることや,手洗い,うがいが重要です。
感染性胃腸炎は,釜石地区で多い状況が続いています。石けんと流水による手洗いの徹底と,患者の便や吐物の適切な処理などの予防対策が重要です。



【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成28年2月22日(不審者)猪去

△1件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月22日(月)16:00頃 猪去付近
被害児童生徒/小学校中学年男子児童2名  
状況/当該児童が下校中,男に追いかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/30代ぐらいの男性。

小学校(69件)中学校(29件)合計(98件)平成28年2月23日現在
---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成28年2月17日(不審者)本町通

△1件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月17日(水)17:25頃 本町通付近
被害児童生徒/小学校高学年女子児童  
状況/当該児童が下校中,男に追いかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/40歳ぐらいの男性。身長170cm位,中央分けの金髪,白いダウンジャケットを着用していた。

小学校(68件)中学校(29件)合計(97件)平成28年2月18日現在
---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成28年2月8日~12日(感染症)

平成28年2月8日(月)~2月12日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     634名
1日あたりの延べ欠席者数  158名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 132名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(143名),咳(54名),下痢(54名),体調不良(34名)
 疾病ごと インフルエンザ(184名),感染性胃腸炎(28名),溶連菌感染症(23名),
マイコプラズマ(19名)
      
インフルエンザが流行中です。A型,B型が入り交じってのもの(A型優勢)です。
これに関連し,呼吸器系感染症としての気管支炎が多発しています。
感染性胃腸炎もしぶとく流行しています。
マイコプラズマが流行中です。溶連菌感染症,頭シラミにもご注意下さい。
【症状別の発生状況】
インフルエンザ     盛南,都南地域で減少。河北地域で急増しました。
感染性胃腸炎      玉山,都南地域で微減。河北地域で増加しました。
溶連菌感染症      河北,盛南,都南地域で減少。厨川地域で増加しました。
マイコプラズマ     厨川地域で新たに発生しました。
【県の状況(2/1~2/7)】
インフルエンザは,釜石,宮古,二戸の3地区で警報値(定点あたり患者数30人)を,その他の7地区で注意報値(同10人)を超え,県内では本格的な流行となっています。主な症状は,発熱(通常38℃以上),頭痛,全身倦怠感,関節痛などで,これらが突然現れます。症状がある場合は早めの受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれており,熱が下がっても,咳やくしゃみがある場合にはマスクをするなど,周囲への感染防止の配慮が勧められます。
溶連菌咽頭炎は,調査が始まった平成11年以降最多の報告数となりました。5週続けて増加しており,今後の動向に注意が必要です。地区別では,盛岡市及び二戸地区で警報値(同8人)を超えており,年齢別では3~6歳で多くなっています。予防には,患者との接触を避けることや,手洗い,うがいが重要です。
感染性胃腸炎は,保育園等でノロウイルスによる集団感染事例が続発しています。例年この時期,報告数の多い状況が続くので,石けんと流水による手洗いの徹底と,患者の便や吐物の適切な処理などの予防対策が重要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成28年2月15日(不審者)東見前

紫波安心メールより

◎発生日時
 平成28年2月15日(月)
 午後3時30分ころ
◎発生場所
 盛岡市東見前地内の国道4号線沿いの路上
◎内 容
 東見前地内の国道4号線沿いのバス停前で、イスに座っていた男が、下校途中の女子児童2名に「こんにちは」と通りすがりに声を掛けてきたので、女子児童2名は、無視して立ち去ろうとしたところ、突然後ろから、背負っていたランドセルを引っ張られたので、振り払って逃げました。男は「さようなら」と声をかけ投げキッスをしました。
◎男の特徴
 身長160㎝位で中肉、紫もしくは黒色ジャンパーで濃い色のジーパン着用。黒色リュックサック、マスク使用の40~60歳位の男

※ 被害に遭わないために
★児童生徒はできるだけ複数で行動するようにしましょう。
★不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番しましょう。
★不審者の人相、服装について記憶しておくこと、車両を使用している場合、ナンバーなどを記憶(記録)して警察に通報をお願いします。
紫波警察署 671-0110

---------------------------------------

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。
--------------------------------------

平成28年2月1日~5日(感染症)

平成28年2月1日(月)~2月5日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     661名
1日あたりの延べ欠席者数  132名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 186名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(144名),嘔吐(44名),咳(37名),体調不良(34名)
 疾病ごと インフルエンザ(222名),溶連菌感染症(38名),感染性胃腸炎(26名),
頭シラミ(10名)
      
各種感染症が流行しています。
取り分けインフルエンザが昨週から大流行です。早めの受診を勧奨します。
感染性胃腸炎,溶連菌感染症,マイコプラズマの流行があります。
依然として頭シラミにご注意下さい。
【症状別の発生状況】
インフルエンザ     盛南,河南地域で減少。河北,都南地域で増加しました。
溶連菌感染症      盛南,都南地域で微減。河北地域で増加しました。
感染性胃腸炎      河北,盛南地域で減少。依然として流行しています。
頭シラミ        河北地域で発生しています。
【県の状況(1/25~1/31)】
インフルエンザは,前週よりさらに増加しました(定点あたり患者数19.06人)。大船渡,宮古,二戸の3地区で警報値(同30人)を超えています。県環境保健研究センターが実施した検査では,A/H1N1(2009)亜型の検出割合が多く,次いでB型,A/H3N2亜型の順に検出されています。今シーズンは2月3日までに学校等休業措置が58件報告され,患者は14歳未満の年齢層が増加しています。症状は,発熱(通常38℃以上),頭痛,全身倦怠感,関節痛などが突然現れます。症状がある場合は早めの受診が勧められます。予防には,帰宅後の手洗い,咳エチケットなどが重要です。
溶連菌咽頭炎は,調査が始まった平成11年以降,最多の報告数となりました。盛岡市,久慈及び二戸地区で警報値(同8人)を超えています。今後の動向に注意が必要です。予防には,患者との接触を避けることや,手洗い,うがいが重要です。
感染性胃腸炎は,保育園や福祉施設で,ノロウイルスによる集団感染事例が続発しています。集団で生活をする施設では,石けんと流水による手洗いの徹底と,患者の便や吐物の適切な処理などの予防対策が重要です。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

平成28年2月8日(不審者)東見前

△2件中2件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月8日(火)16:30頃 東見前付近
被害児童生徒/小学校中学年女子児童
状況/当該児童が習い事からの帰る途中,男に追いかけられたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/上下黒い服を着た男性。黒い車に乗っていた。

小学校(66件) 中学校(29件) 合計(95件) 平成28年2月9日現在

「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

平成28年2月4日(不審者)西松園

△2件中1件目-------------------
発生日時・場所/平成28年2月4日(木)15:15頃 西松園付近
被害児童生徒/小学校低学年女子児童
状況/当該児童が下校中,男に頭や鼻をつかまれたもの。警察には通報済み。
不審者の特徴/白髪交じりの年配の男性。身長170cmぐらい。紺のジャンパーに帽子を着用していた。


「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR