平成28年1月12日~15日(感染症)

平成28年1月12日(火)~1月15日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     347名
1日あたりの延べ欠席者数  86名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 61名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(99名),体調不良(39名),咳(31名),嘔吐(27名)
 疾病ごと インフルエンザ(25名),溶連菌感染症(23名),風邪(18名),
感染性胃腸炎(16名)
      
4日間の集計ですが,昨週並みに各種感染症が流行しています。
とくにインフルエンザが動き出してきたようです。
学校が始まりましたので要注意です。頭シラミが発生しています。
【症状別の発生状況】
インフルエンザ     厨川,河北地域で増加しました。
溶連菌感染症      河北地域で増加。市内全域で僅かながら流行しています。
風邪          河北地域で微減。市内全域で僅かながら流行しています。
感染性胃腸炎      河南,都南地域で減少。厨川地域で増加しました。

【県の状況(1/4~1/10)】
インフルエンザは,定点あたり患者数が,流行開始の指標である1.0人を上回り2.40人となりました。県内10地区すべてから報告があり,流行の広がりをみせています。今後,新学期の開始とともに本格的な流行が予想されます。手洗いによる予防と,咳エチケット(咳やくしゃみを他人に向けて発しない・咳が出るときはマスクをする・手のひらでくしゃみや咳を受けたときはすぐに手を洗うなど)による周りへの感染防止に努めましょう。また,予防接種は,効果が現れるまでに2週間ほどかかることから,流行拡大前の早めの接種が望まれます。特に,65歳以上の方は,重症化を防ぐため,予防接種法に基づく定期のインフルエンザ予防接種の対象となっていますので,早めに接種を済ませましょう。
感染性胃腸炎は,釜石地区で,定点あたり患者数10人を超えています。本疾患の主な原因であるノロウイルスは,患者の便や吐物に多量に含まれており,少ない量でも感染するので,これら汚物の処理をする場合はマスクや手袋を使い,塩素系薬剤や熱(熱湯やスチームアイロン)による消毒が必要です。予防には,石けんと流水による手洗いが重要です。



【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR