平成28年2月15日~19日(感染症)

平成28年2月15日(月)~2月19日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     802名
1日あたりの延べ欠席者数  160名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 158名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(184名),咳(56名),体調不良(31名),鼻水(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(394名),溶連菌感染症(33名),感染性胃腸炎(10名),
マイコプラズマ(4名)
      
インフルエンザの流行が今年度最大です。
感染性胃腸炎が減少傾向です。頭シラミがいったん途絶えました。
マイコプラズマ,溶連菌感染症が僅かながら流行中です。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ     厨川,河南地域で急増しました。
溶連菌感染症      盛南地域で減少。都南地域で増加しました。
感染性胃腸炎      厨川,河北地域で減少しました。
マイコプラズマ     盛南地域で新たに発生。厨川地域で減少しました。
【県の状況(2/8~2/14)】
インフルエンザは,県全体の定点あたり患者数が32.88人と警報値(定点あたり患者数30人)を超え,県では,2月17日,インフルエンザ流行警報を発令しました。症状は,発熱(通常38℃以上),頭痛,全身倦怠感,関節痛などが突然現れ,のどの痛み,鼻汁,咳等の症状がこれに続きます。症状がある場合は早めの受診が勧められます。発症後5~7日間はウイルスを排出するといわれ,熱が下がっても,咳やくしゃみがある場合はマスクをするなど,周囲への配慮が必要です。
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は,6週連続で増加し,調査が始まった平成11年以降,前週に続き最多の報告数を更新しました。今後の動向に注意が必要です。地区別では,盛岡市,一関および二戸地区で警報値(同8人)を超えています。予防には,患者との接触を避けることや,手洗い,うがいが重要です。
感染性胃腸炎は,釜石地区で多い状況が続いています。石けんと流水による手洗いの徹底と,患者の便や吐物の適切な処理などの予防対策が重要です。



【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR