H23年1月3日から7日(感染症)

平成23年1月3日(月)~1月7日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,475名です。
1月3日は年末年始でお休みのため,4日間の延べ人数は9,900名です。
この週の延べ欠席者数 331名
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(103名),咳(33名),体調不良(15名),下痢(11名),嘔吐(8名)
 疾病ごと 水痘(58名),気管支炎・肺炎(23名),頭シラミ(9名),
感染性胃腸炎(5名),マイコプラズマ感染症(3名)
インフルエンザは定点に大きな発生はありませんが,今後増加の傾向が
推測されます。年末までは香港型が主流でしたが,いわゆる新型と発生数が逆転しております(新型7:香港3)。
お正月休みの影響か,風邪症状の減少があります。水痘が依然としてあります。
マイコプラズマ感染症,頭シラミがありました。
【症状別の発生状況】
おたふくかぜは減少傾向です。
水痘          玉山,盛南,河南,都南地域で引き続き発生しており,
厨川地区で新たに発生しています。
気管支炎・肺炎     玉山,厨川,河北,河南,都南地域で発生しています。
感染性胃腸炎      都南地域でありました。
マイコプラズマ感染症  都南地域でありました。
頭シラミ        玉山地区でありました。

【県の状況(12/27~1/2)】
  インフルエンザが前週より増加し,県内10地区中釜石地区を除く9地区から報告がありました。多い順に,久慈,一関,盛岡市,奥州地区となっています。
  おたふくかぜが,一関地区で警報値,中部地区で注意報値を超えました。
  感染性胃腸炎はやや減少していますが,一関及び久慈地区では注意報値を超えて
います。
  水痘は,県央及び中部地区で注意報値を超えました。
【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR