鳥インフルエンザについて

夜分に大変恐れ入ります。
滝沢村で野鳥の死体から鳥インフルエンザが確認されました。そのことから、子どもたちが鳥の死体を見かけても触らないように各家庭にて指導くださるようお願いします。なお死体を見かけた場合には岩手県福祉課へご連絡くださるようお願いします。
電話番号019-629-6563
以下テレビ報道の内容です。
岩手県は滝沢村で回収されたカルガモの死体から鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県によりますと、2月29日に滝沢村滝沢の葉の木沢山地内で見つかったカルガモ2羽の死体について遺伝子検査をした結果、このうち1羽の死体から、H7亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。これを受けて、死亡した野鳥が回収された場所を中心とする半径10キロ圏内が、環境省によって野鳥監視重点区域に設定された。高病原性かどうかについては今後北海道大学に死体を送って確定検査を行うことにしている。

コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR