H24年6月18日~22日(感染症)

平成24年6月18日(月)~6月22日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    405名
1日あたりの延べ欠席者数   81名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 85名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(158名),体調不良(38名),下痢(34名),咳(24名),発疹(11名)
 疾病ごと 水痘(52名),気管支炎・肺炎(25名),リンゴ病(欠席3名 登園21名),
      とびひ(欠席5名 登園3名)

風邪,下痢症状は昨週並みです。
気管支炎・肺炎が発生しています。
気道感染の重症化が考えられますので,注意が必要です。
リンゴ病,とびひが微増しています。

【症状別の発生状況】
水痘       厨川・河北・盛南・都南地域で減少しています。
気管支炎・肺炎  厨川・河北地域で新たに発生し,玉山・盛南地域で増加しました。
リンゴ病     都南地域で新たに発生し,河北地域で増加しました。
とびひ      都南地域で増加しました。

【県の状況(6/11~6/17)】
 百日咳は,宮古地区より9例,釜石地区で2例および久慈地区で1例の報告がありました。患者は中高生がほとんどを占めています。ワクチン未接種の新生児,乳児は特に注意が必要です。
 マイコプラズマ肺炎は,過去5年間のこの時期に比較して報告数のかなり多い状況が続いています。地区別では宮古地区からの報告が約3割を占めています。また,年齢層別では4歳以下の乳幼児が約4割を占めています。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR