H24年12月17日から21日(感染症)

平成24年12月17日(月)~12月21日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    496名
1日あたりの延べ欠席者数   99名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 110名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(154名),咳(58名),体調不良(36名),嘔吐(25名),下痢(16名)
 疾病ごと インフルエンザ(47名),水痘(35名),感染性胃腸炎(9名),
      頭シラミ(欠席0名 登園2名)

風邪,胃腸炎症状はわずかですが流行しています。
インフルエンザが流行し始めました。
頭シラミが依然として発生しています。

【症状別の発生状況】
インフルエンザ   河北地域で新たに発生し,厨川地域で増加しました。
水痘        厨川・盛南地域で新たに発生し,玉山・都南地域で増加しました。河北・河南地域で減少しています。
感染性胃腸炎    玉山地域で増加しました。厨川地域で減少しています。
頭シラミ      河南地域で減少しています。

【県の状況(12/10~12/16)】
 インフルエンザは,前週よりやや増加し,流行開始の指標である定点あたり患者数1.0人を上回りました。地区別では,久慈(4.33人),盛岡市(3.18人)および県央地区(2.14人)で多くなっており,今後,他の地区でも増加が予想されるので注意が必要です。予防にはワクチン接種,外出後の手洗い,咳エチケットが重要です。ワクチンは,接種後に効果が現れるまで2週間程度かかることから,流行拡大前の早めの接種が勧められます。
 感染性胃腸炎は,前週より減少しました。宮古地区で警報値(定点あたり患者数20人)を超えています。ノロウイルスは,患者の便や吐物に多量に含まれるので,予防には石けんによる十分な手洗いと,マスクと手袋を使った便や吐物の処理,家庭用次亜塩素酸消毒薬(ハイターなど)か熱湯1分間の消毒が必要です。

【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR