H25年7月16日から19日(感染症)


 平成25年7月16日(火)~7月19日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,515名です。
この週の延べ欠席者数    262名
1日あたりの延べ欠席者数  65名(前週の1日あたりの延べ欠席者数 63名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(109名),体調不良(17名),咳(13名),下痢(12名)
 疾病ごと 水痘(19名),ヘルパンギーナ(8名),風邪(7名),
溶連菌感染症(7名),突発性発疹症(6名)
      
風邪,下痢のこどもは例年の1/2程度。
溶連菌感染は例年並み。
ヘルパンギーナ,とびひの夏の感染症が目に付きます。
突発性発疹症が目に付きます。

全体で前週よりも増加傾向が見られたのは特にありませんでしたが,
前週は報告がなかったおたふくかぜ,突発性発疹が報告されました。

【症状別の発生状況】
水痘         河南地域で新たに発生し,都南地域で増加傾向にあります。
ヘルパンギーナ    厨川・河北地域で継続しています。
溶連菌感染症     玉山・厨川・盛南地域で新たに発生しました。
とびひ        河南・都南地域で継続して発生しています。

【県の状況(7/8~7/14)】
腸管出血性大腸菌感染症が,盛岡市で3例のほか,中部地区で5例,県央及び一関地区でそれぞれ1例ありました。
流行性耳下腺炎が,一関地区で注意報値(定点あたり3人)を超え,3~5歳が65%を占めています。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】


コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR