7/12~7/16(感染症)

平成22年7月12日(月)~7月16日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,475名(5日間で延べ12,375名)です。

この週の延べ欠席者数631名
欠席理由の主なもの
 症状では 熱(311名),咳(34名),下痢(32名)
 疾病ごと おたふくかぜ(70名),風邪(26名)気管支炎・肺炎(16名),水痘(11名)
ヘルパンギーナ(10名),とびひ(欠席6名,登園18名),百日咳(4名)
(上記の人数は延べ人数です。)
 ○ヘルパンギーナは乳幼児を中心に夏季に流行します。今後の動向にご注意ください。
かぜ,下痢,水痘,おたふくかぜ,夏かぜ,とびひ共に昨週と同様の頻度です。
百日咳があります。
梅雨明けの猛暑対策に留意下さい。

水痘       厨川,盛南地域で引き続き発生しています。
おたふくかぜ   厨川,河南,都南地域で発生しており,盛南地域で新たに発生
しています。
ヘルパンギーナ  厨川,盛南,河南,都南地域で少数ながら発生しています。
とびひ      厨川,河北,河南地域で発生しています。
気管支炎・肺炎  河北,盛南,河南,都南地域で発生しています。
百日咳      河北地域でありました。
手足口病     河南地域でありました。
県の状況(7/5~7/11)では
腸管出血性大腸菌感染症が4例あったこと
新型インフルエンザを1件分離したこと
ヘルパンギーナが,ほぼ県内全域で増加し,県央,中部,一関及び宮古地区で
警報値(定点あたり6名)を超えたこと
手足口病が,奥州,一関および大船渡地区で増加し,一関地区で警報値(定点
あたり5名)を超えたこと
  の記載がありました。


コメント

Secret

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR