H27年2月17日(不審者)紫波町


△2件中2件目-------------------

紫波安心メールより

◎発生日時
 2月17日(火)
◎発生場所
 赤石幼稚園の横道を抜け、十字路を越えて古い家に行く手前のあたり
◎被害児童
 本校6年児童3名
◎不審者の特徴 
 男性、黒いダウンジャケットにジーンズ、30代ぐらいで、短めの黒い髪
◎状況
 6年女子児童が下校途中、急に腕をつかまれ、話しかけられた。(腕は抜けたが、指先をつかまれた。)そして「何年生?」「卒業式はいつ?」「眼鏡を2人ともしてるね。」「取ってみて?」「かわいいね」等と言われた。話が終わると離れることができたが、その前に、5年生児童も話しかけられたとのことである。

被害に遭わないために
○なるべく複数で行動する。
○防犯ベルや防犯ホイッスルを所持し、その点検と使用方法の再確認をする。
○周囲の音に注意し、音楽等を聴くため両耳をイヤホンでふさがない。
○携帯電話・メール・ゲームをしながらの歩行等はしない。
○事案発生時には、大声で車掌や近くの大人に助けを求め、すぐ110番等で警察に知らせるようにしましょう。
※また、事件・事故などの情報提供は、紫波警察署生活安全課(代表電話019-671-0110)にお知らせください。

不審者情報↓
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/__MWYxZWFmMTQxNyZoaWh1Y3VZcg

施設モバイルサイト↓
http://sc.machicomi.jp/shiwa034/

---------------------------
「いか」 しらないひとについていかない
「の」 しらないひとのくるまにのらない
「お」 おおごえをだす
「す」 すぐにげる
「し」 しらせる

※ 「いかのおすし」は、子ども自身が不審者から身を守るために必要な項目が盛り込まれた「お約束」になっています。
いざというときに実践できるよう、保護者のかたは、子どもに対してくり返し教えるようお願いいたします。

児童生徒はできるだけ複数で行動するように指導する。
不審者に遭遇した場合は大声を出し、近所の家や店に助けを求めて逃げ込み、110番するよう指導する。(コンビニ、ガソリンスタンド、こども110番の家、タクシーなど)
皆様におかれましてもご注意ください。

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR