H27年5月11日から15日(感染症)

 平成27年5月11日(月)~5月15日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     377名
1日あたりの延べ欠席者数  75名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 58名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(174名),咳(29名),下痢(28名),体調不良(23名)
 疾病ごと 水痘(25名),感染性胃腸炎(13名),風邪(13名),気管支炎・肺炎(11名)
      
かぜは微減,胃腸炎は昨週並みの流行です。
インフルエンザ,水痘は根強くみられます。
頭シラミは減少しました。

【症状別の発生状況】
水痘         盛南地域で急増しました。
感染性胃腸炎     玉山,都南地域で流行しています。
気管支炎・肺炎    厨川,都南地域で流行しています。

【県の状況(5/4~5/10)】
感染性胃腸炎は,例年に比べ,患者報告数は少ないのですが,春から初夏にかけて増加することがあるので注意が必要です。宮古地区の障害福祉施設でノロウイルスによる集団感染事例が発生しました。流水と石けんによる手洗いや,患者の汚物の塩素系薬剤による適切な処理など,感染予防対策の再確認をしましょう。
咽頭結膜熱は,例年のこの時期に比較して報告数が多くなっています。プールでの感染も多く見られることからプール熱とも呼ばれています。感染経路は主に飛沫感染や接触感染で,タオルの共用などでも感染する場合があるので注意が必要です。
 薄着で山や田畑に出かけるシーズンを迎え,ダニが媒介する感染症に注意が必要です。肌の露出さけ,虫除け剤を使うなどダニに咬まれない対策が重要です。また,ダニが衣類の隙間から入り込む
ことがあるので,帰宅後には速やかに入浴するなど体を洗うことが大切です。疑わしい症状(発熱、発疹、頭痛など)が出た場合には早期に受診しましょう。


【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR