平成27年11月9日~11月13日(感染症)

 平成27年11月9日(月)~11月13日(金)の定点における発生状況をお知らせします。
定点23園の対象人数(定員)は2,565名です。
この週の延べ欠席者数     469名
1日あたりの延べ欠席者数  93名(前々週の1日あたりの延べ欠席者数 60名)
欠席理由の主なもの(下記の人数は延べ人数です。)
 症状では 熱(150名),咳(72名),体調不良(21名),下痢(21名)
 疾病ごと 手足口病(欠席5名,登園30名),流行性角結膜炎(18名),風邪(17名),
溶連菌感染症(17名)
      
風邪,感染性胃腸炎は平均的流行です。
溶連菌感染症,手足口病,頭シラミ,流行性角結膜炎にご注意下さい。

【症状別の発生状況】
手足口病        厨川地域で依然として流行しています。
流行性角結膜炎     河北,都南地域で新たに発生しました。
風邪          河南地域で微増。市内全域で僅かながら流行しています。
溶連菌感染症      厨川,都南地域で増加。市内全域で僅かながら流行しています。

【県の状況(11/2~11/8)】
RSウイルス感染症は,前週に続き,県内10地区すべてから患者の報告がありました。乳幼児では,細気管支炎や肺炎等を併発し,呼吸困難を引き起こすことがあるので,注意が必要です。「患者の咳やくしゃみ」や「ウイルスがついている手指やおもちゃなどを触ったりなめたりすること」で感染するので,予防には手洗いや咳エチケットが重要です。
感染性胃腸炎は,前週とほぼ同数の報告がありました。例年,秋から冬にかけて患者数が増加するので,注意が必要です。予防には,調理前,食事前,排便後の石けんと流水を用いた手洗い,食品の十分な加熱,患者の汚物の塩素系消毒剤による適切な処理が重要です。
溶連菌咽頭炎は,前週より減少しましたが,二戸地区では,6月上旬から警報値(定点あたり患者数8人)を超えているほか,盛岡市及び中部地区でも多くなっています。
インフルエンザは,流行開始前の予防接種が勧められます。接種を希望される方は医療機関にお問い合わせください。




【 盛岡市医師会(感染症対策委員会) 】

PR


最新記事
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR